【結婚式の二次会】参加女性の服装は「ワンピース」で決まり!ご祝儀はいるの?断り方は?

結婚式【豆知識】

皆さんは、結婚式の二次会に参加されたことがありますか?結婚式の二次会というのは、結婚式披露宴と別に行われるカジュアルなパーティーのことです。結婚式ほどフォーマルな場面ではありませんが、とはいえ二次会に参加するとなると色々と悩むことも出てくるでしょう。

今回はそんな二次会をテーマに、皆さんのよくある疑問を解決していきたいと思います。二次会に参加される予定がある方も、そうでない方も、今後の参考にしていただければ幸いです。

二次会には「ご祝儀」は必要ありません

まず二次会には、結婚式と違ってご祝儀は必要ありません。ですがやはり結婚式と同日に行われるこのイベント、新郎新婦に向けて何かしらのお祝いを送る必要はあります。ご祝儀と言うと一般的に平均して3万円程度の現金をつつむ形になると思いません。

まゆ
これって結構な金額ですよね。

こういう言い方をしてしまうと若干聞こえが悪いですが、ご祝儀の出費が厳しくて結婚式の招待状の返信を欠席として送ることもやはりあるかと思います。もちろんとても仲の良い友人や、ものすごくお世話になった近しい関係の人の結婚式であれば、出席するべきです。

ですが正直、「人数合わせのために呼ばれた気がしてならない」というような結婚式であれば欠席するぶんには別に問題ではないと私は考えます。

ですが、その場合にはやはりある程度の金額の贈り物をするというのがマナーになりますね。結婚式は人生で一度きりの大切な大切なイベントです。お祝いするという姿勢を見せること不可欠ですね。

関連記事【今さら聞けない!】結婚式のご祝儀の相場はいくら?「友人」「夫婦」「親族」によって変わってくる

結婚式に出席せず「二次会だけに出席するとき」の注意点

二次会に招待されるという場合にも三つのケースがあります。

  1. 結婚式から参加してその流れで二次会まで参加するというケース
  2. 結婚式はお断りして参加せず二次会のみ参加するというケース
  3. 結婚式にはもともと招待されていないけれど、二次会だけに呼ばれたというケース

ここではその三つのパターンを想定して二次会に参加する場合の注意点についてまとめていきたいと思います。

結婚式からの流れで二次会にも参加することになった場合

おそらく一番自然なのがこちらのパターンなのではないでしょうか。結婚式にも参加をして結婚式披露宴そして二次会の全てに参加するというパターンですね。こうなると特に何も心配することはありません。なぜなら結婚式の際に既にご祝儀を差し上げてますから、特にそれ以外に二次会の場で、お祝いの品を渡したり、何か特別なことをしたりする必要は全くないわけですからね。

おそらく結婚式から二次会まで全て参加をする場合は、きっとあなたと新郎様もしくは新婦様は比較的近い関係にあるのでしょう。仲の良いお友達だったり、非常にお世話になった先輩だったりすることだと思います。

とにかく全ての場面を楽しんで、お二人を心から祝福する時間にしてあげてください。それだけでいいのです。

結婚式に招待されたけれど参加できず二次会だけの参加になった場合

二つ目のケースですが、こちらは結婚式には招待されたものの、何かしらの原因で参加することができず、欠席に丸をつけて返信をしたという場合ですね。欠席する理由は様々だと思います。もしかするとご祝儀やその他もろもろにかかる費用がその時点でどうしても工面することができないこともあるかもしれませんし、単純に何かものすごく大切な用事と重なってしまいどうしても都合がつけられないのかもしれません。

理由は何であれ、欠席することは非常に心苦しいことではありますが、それほど罪悪感を感じる必要はありません。だって実際に結婚式が複数重なることだってありますし、人にはそれぞれ生活がありますから、必ずしも出席できるとは限らなくて当たり前なのです。

ただここで注意すべきことがあります。あなたはせっかく招待してもらったのにも関わらず、理由が何であれ、それをお断りしているわけです。となるとやはり手ぶらで行くというのもちょっと違いますよね。

ですのでおすすめとしては、何かしらのギフトを持参して二次会に参加するということです。別にそれほど高価なものでなくても構いません。よくある結婚お祝いでいいのです。新居に使えそうなものだったり、もしご新婦様とお友達なのであれば、そのお友達の好みそうなものでも構わないと思います。

大切なのは結婚式を欠席してしまったことに対するお詫びの気持ちを表すために何かしらをギフトとして持っていく心遣いです。

結婚式には招待されていない、二次会だけに呼ばれた場合

三つ目のケースですが、そもそも結婚式に招待はされていなくて、二次会だけ招待されたというケースです。この状況は、おそらく新郎新婦が結婚式を身内だけで少人数で行った場合だったり、結婚式は海外で行われた場合だったり、もしくはあなたが女性なのであるとしたら、異性側の友人である場合も考えられます。

基本的に新郎は女性の友達をあまり呼びませんし、同じ新婦は男性の友達をあまり呼びませんからね。理由が何であれ結婚式には招待されず二次会のみ招待されたという場合でしたら、これは結構お気軽に参加してもらって問題ありませんね。

本当にただのちょっとしたパーティーのような気持ちで参加すればいいと思いますし、特に持参するギフトも必要ないかと思います。

まゆ
もちろんそれでも何か差し上げたいと思うのであればそれは素晴らしいことですので、是非プレゼントしてあげてください。

二次会に行けない場合の断り方

結婚式の招待状の返信を、欠席で出すことには非常に抵抗がありますよね。ですが二次会に関してはそれほど罪悪感を感じる必要はありません。そもそも二次会というのはおまけのようなパーティーですし、結婚式の時のようにフォーマルな場面ではありませんので、もちろん気乗りがしなければそれはお断りして問題ありません。

おそらく二次会の招待状のようなものはわざわざ作成されないかと思います。ですので二次会自体は招待状という形ではなく、二次会の幹事が個別に連絡を取り出欠をまとめていく形になると思います。ですのでどうしても行けない場合や、正直気乗りがしないという場合には「ちょっとその日はどうしても都合がつきません」と言ってお断りしてしまって大丈夫です。

二次会にはどのような服装で行くのがいいの?

さて二次会の時の服装の話をしましょう。結婚式が終わってそのまま二次会に参加される場合は何も心配は要りませんが、二次会のみ参加するケースにおいては「どんな服を着て行こう」という点で悩む方が非常に多いかと思います。

多くの場合二次会はレストランやバーを貸し切って行うもしくは、ホテルのパーティー会場で行うケースが多いのではないでしょうか。何にしてもパーティーではありますから、結婚式ほどフォーマルでないとはいえ、ある程度華やかな格好をしていくに越したことはありません。

一番無難なのは、少しフォーマルなワンピースでしょう。色は白以外であれば特に何色でも構わないかと思います。とはいえ二次会には二次会のみ参加する方も多くいますので、そういう人たちは比較的カジュアルなファッションで参加されていることも多々あります。開催される会場の雰囲気に合わせて決めていくのがいいでしょう。

二次会に参加するときに気を付けるべきポイント

さてここでは二次会に参加する時の心構えについて書いていきたいと思います。結婚式とは違い二次会にはあまり会社の上司や親戚が来るケースはありませんから、お友達中心でアットホームに楽しむ雰囲気であることが多いですよね。

そんな二次会に参加するにあたって、知っておいた方が良いことについて2つお話ししたいと思います。

【その①】二次会は出会いの宝庫!気合を入れて参加しましょう♪

言うまでもありませんが、結婚式の二次会は出会いの宝庫です。私はウエディングプランナーをしていましたが、新郎新婦の馴れ初めを聞いていると、「結婚式で知り合いました」「結婚式の二次会で知り合いました」というパターンはとても多かったです。

まゆ
それだけ出会いの宝庫なわけです。

シングルの女性に関しては、二次会は婚活パーティーのような気持ちで臨むのがいいでしょう。と言うと緊張させてしまったかもしれませんが、それぐらいの価値のある場所です。結婚式という雰囲気に飲まれて、皆少なからず恋愛スイッチが入っている状態ですので、恋が始まりやすいのです。このことを忘れずに二次会に参加しましょうね。

【その②】二次会は楽しむ場所であってかしこまる場所ではない!

先ほどもお伝えした通り、結婚式の二次会は全く別物です。結婚式はやはりフォーマルです。それに引き換えというのは非常にカジュアルなものです。日本人にはパーティーという感覚があまりなく、どうしてもちょっとシャイなところがありますよね。ですが2次会は楽しんでください。席について静かにお酒を飲んでいるだけでは面白くありません。

新郎新婦にとってみれば、結婚式という大舞台を終えて、やっとリラックスして仲の良い友達と楽しめる時間なわけですから、そこはある程度を盛り上げてあげましょうね!仲のいい友達が、ワイワイ騒いでいる姿をみることも、新郎新婦にとってはとてもうれしいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。二次会について、良くある疑問が少しでも解決できれば幸いです!二次会は結婚式とは全く違う、とにかく楽しむために開かれるパーティーです。結婚式での緊張感を全て取っ払い、全力で楽しみましょう。シングルの女性には、そこで良い出会いがあるかもしれませんしね。

結婚式はいろいろなマナーに縛られるところがあり、「マナー的にこれってOKなのかな」と不安に思うことも多くあると思いますが、基本的に二次会は自由です。新郎新婦をお祝いする気持ちさえ持っていれば、後は何も必要ありません。肩の力を抜いて、思う存分楽しんできてくださいね。

The following two tabs change content below.

まゆ / 元ブライダルプランナー

ブライダル関連のお仕事の経験があり、数々の結婚式をプロデュースしてきました。「結婚式」という関連から婚活、メイクにも詳しくなり、記事にさせていただいております。”結婚式関連”のことならお任せください!海外旅行が好きで、英語が得意です。