玉の輿に乗る方法!ハイステータスの男が好む女性のタイプ

婚活の仕方【豆知識】
The following two tabs change content below.

りさ / 婚活マニア

幾多の婚活にチャレンジして、結局は合コンで知り合った男性と結婚した「元」婚活女子です。結婚相談所、婚活パーティーでの婚活経験豊富で婚活中にメイク術も向上しました。

結婚するなら玉の輿に乗りたい!と思う女性はたくさんいます。女性が結婚相手に求めるものはいくつもありますが、その中でも大部分を占めるのが経済力です。ある程度余裕のある生活をしたいと思う女性、ぜいたくな暮らしを求める女性、様々ですよね。ただ、玉の輿はやはりレベルが違います。

今回は結婚して玉の輿に乗りたいと願う女性に向けて、狙い目の職業と、ハイステータスな男性の好む女性のタイプについてまとめていきたいと思います。

玉の輿に乗りたい!どのような職業の男性が狙い目?

一般的に、お金持ちの男性というのは、2種類のタイプに分けられます。「もともと家がお金持ち」というケースもあれば「出世して金持ちになった」というケースもあるのです。もともと家がお金持ちというタイプの男性にせよ、出世組の男性にせよ、結婚すれば経済的に安定するのは間違いありませんし、一般的な家庭よりももっとぜいたくな暮らしができるはずです。

ここでは、玉の輿に乗りたい女性向けに、玉の輿に乗るなら狙うべき男性の職業をいくつか挙げてみたいと思います。一般的に収入が良いと言われている職業には下記のようなものが挙げられます。

  • 弁護士
  • 医者
  • パイロット
  • 国家公務員
  • 外資系コンサルタント
  • 商社

などなど、このような感じでしょうか。なかなか出会える気がしないイメージが強いかもしれませんが、玉の輿というくらいですから、このくらいは狙っていかなければなりません。普段の生活において、「そんな職業の男性と知り合ったことなんて一度もない!」と思った人もいるでしょう。

りさ
ですが、大丈夫です。方法はあります。

玉の輿に乗るには、まず出会わなければ!ハイステータスの男性と出会う方法

玉の輿に乗りたいのであれば、それなりの男性に出会う必要が当然あるわけですが、普通の生活をしていてもこのようなハイステータスの男性とは知り合えません。

では、玉の輿に乗る女性たちは一体どのようにして、このような男性たちと知り合っているのでしょうか。出会いの手段についてまとめてみましょう。

【手段①】友人・知人に紹介してもらう

もしもあなたが知っている人の中に、いわゆる「玉の輿候補がたくさんいそうな企業」に勤めている人がいれば、そのコネクションは最大限に利用しましょう。ストレートに、「誰か紹介してください」と頼むのです。結婚するカップルの馴れ初めを聞くと、一番多いのが「紹介」です。ということを考えると、やはり知人紹介というのはとても有効で、真剣な交際に繋がりやすいのです。

【手段②】自分もその業界に近いところに就職する

ちょっと思い切った方法ではあるのですが、玉の輿候補の男性が多くいそうな業界に近いところに就職するというのは、これまたとても有効な手段です。なぜなら、職場恋愛もまた結婚に発展しやすいからです。たとえば、パイロットを狙うのであれば、同じく航空会社に転職するなり、大企業に勤める男性を狙うなら、秘書を目指すなり、何でも良いのです。

とにかく近づくことでチャンスが増えます。

【手段③】ハイステータス限定の結婚相談所に登録する

今はこの方法も効果的です。結婚相談所で出会った相手と結婚するというのは、良くある話ですよね。結婚相談所の中にもいろいろな種類があります。例えば、ハイステータス男性しか登録のできない様な結婚相談所も存在するのです。

年収が1,000万以上でなければ登録できないとか、職業が医者に限定されている結婚相談所だってあります。このようなところに登録することで、案外あっさりと、お目当てのお金持ち男性をものにすることができることだってあるわけです。

関連記事医師との結婚を目指すなら結婚相談所を利用すべき5つの理由

ハイステータス男性の求める女性の条件

ハイステータスな男性と結婚することで、いわゆる「玉の輿」に乗れるわけですが、それにはあなた自身がまず、相手から求められる女性である必要があるのは当然です。

それでは、一体どのような女性がハイステータスの男性に求められるのでしょうか。ここでは玉の輿に乗る女性のタイプに焦点をあてていきたいと思います。

【特徴①】若くて美人、誰もが認める「イイ女」

言うまでもありませんが、ハイステータスな男性は、ある程度女性を「アクセサリー感覚」でとらえている部分があり、その結果美しい女性を選びがちです。これは仕方のないことで、結局美人な女性や年齢的に若い女性(25歳から30歳まで)が人気です。30歳を越えてくると、男性も少しその女性に対しての評価を下げてしまいがちです。非常に悲しいことではあるのですが、これは事実です。

りさ
早い話が、若くて綺麗な女性を好む、ということですね。

【特徴②】同じくハイステータスな女性

男性がハイステータスな場合、同じくハイステータスな女性にも魅力を感じることが多いです。ですが、「自分よりは下」であることが重要です。

例えば、男性自身が商社に勤めていて、同じ職種の女性で、かつ自分より少し下にあたるステータスの女性は十分に「結婚相手の対象」として見る、ということです。

仕事ができる女性の魅力はもちろんですし、その自立していて凛としている女性は、これまたセクシーに感じるというわけですね。

こうして、ハイステータス同士が結婚する、ということが起こっていくのです。まあ、納得と言えば納得ですね。あまりにレベルが違うと、話も合いませんし、そもそも同じ業界や職種の女性とは出会いも多いのでそこから発展することが多くて当然だとも言えます。

【特徴③】男性のお金目当てで近づいていない女性

ハイステータスの男性は、当然自分がハイステータスな男であることを知っています。地位も名声もある男性であれば、それを目当てに近寄ってくる女性はたくさんいます。意外とこの辺りに関して、男性は敏感なところがあります。

自分に好意をもって近づいてきた女性が、「金目当て」であると分かると、やはり萎えるのです。ある程度は仕方ないとはいえ、あまりに露骨だと男性は引いてしまいます。だからこそ、自分のステータスを少し隠したり、勤務先を初めから言わなかったりすることがあるのです。

りさ
これは、女性を試しているのです。

自分に対して本当に純粋に興味があるのか、それを試した上で、「このステータスを伝えなくても、こんなに僕のことを好いてくれている」と分かると、安心できるということですね。

これを考えると、もしあなたが一方的に彼の資産を知っていたり、彼がハイステータスな男性であることを知っていても、「全くそれについては知らない」ふりをするのも有効です。そうすることによって、男性を信頼させることができることだってあるのですから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。玉の輿に乗るためには、ステータスの高い男性と出会い、その男性に気に入られなくてはなりません。今回は、どのような職業の男性をターゲットにすればいいのか、そしてどのような方法でそれらの男性たちを探せばいいのか、についてまとめてみました。

ただ、一つ言えるのは、玉の輿に乗ろうと本気で思うのであれば、かなり計画的に動いていかなければならないということです。普段と同じ生活をしていて、「運よく玉の輿に乗れた!」なんていう話は滅多にありませんし、それなりに皆ゴールを目指して、「玉の輿に乗るため」に行動しているということです。女性はどうしても、それなりに若さが武器になるところがあります。玉の輿に乗ることを目指すのであれば、早めに行動して、チャンスをものにしましょう。

ハイステータスな方と早く出会う方法として結婚相談所を利用する方法もオススメです。料金は決して安いとは言えませんが、普段の生活の中でハイステータスな方と出会うことは難しいこと。結婚相談所にはハイステータスな男性しか在籍していないところがあり、入会審査機銃んも厳し目となっているので、男性会員の質は保証されています。下記の記事で、ハイクラスな結婚相談所についてまとめましたので、よろしければ参考にしてください。