ゼクシィ縁結びエージェントの紹介制度を利用する5つのコツ

結婚相談所で結婚したい
The following two tabs change content below.

まゆ / 元ブライダルプランナー

ブライダル関連のお仕事の経験があり、数々の結婚式をプロデュースしてきました。「結婚式」という関連から婚活、メイクにも詳しくなり、記事にさせていただいております。”結婚式関連”のことならお任せください!海外旅行が好きで、英語が得意です。

ゼクシィ縁結びエージェントは人気のある結婚相談所のひとつです。料金も安くて入りやすいのも魅力ですね。結婚相談所に入会する人は、ほとんど「紹介」の制度に期待しているのではないでしょうか。でなければ、無料で利用できる婚活アプリでも、いろいろな男性と知り合えるチャンスはあるのですから、わざわざお金を払って結婚相談所に入る必要はありません。

ゼクシィ縁結びエージェントで受けられる紹介とは、一体どのようなものなのでしょうか。

まゆ
ここではゼクシィ縁結びエージェントの紹介制度を効率的に利用するコツについてお話していきたいと思います。

【その①】なるべく多くの申し込みをするべき

ゼクシィ縁結びエージェントでは、入会時に3つのプランからお好みのプランを選べるようになっています。このときに、シンプルプランという一番料金のお安いプランを選択すると、コーディネーターからの紹介は受けられず、自分自身で検索してお相手を見つけるという相手探しの形になってしまいます。

これでももちろん意味はありますが、せっかくならコーディネーター紹介を受けたいですよね。というわけでプランはスタンダードプランもしくはプレミアプランを選択するのがおすすめです。

そして、このコーディネーターからの紹介ですが、毎月人数が決まっており、その数6名となっています。

6名の男性をコーディネーターから毎月不定期(と言っても曜日は決まっていますが)に紹介されるのです。同時に2名の場合もあれば、この週は2名、翌週は2名ということもあります。

ここでまずひとつのポイントです。とにかく多くの申し込みをするべき、というのが大切な点です。なぜなら、言うまでもありませんが、紹介されるのはあなたの求める条件をクリアしている、もしくはそれに限りなく近い男性なのです。見た目が多少好みでなくとも、それは写真だけで判断しているにすぎません。会ってみて分かることがあまりにも多いので、なるべく多くの男性にお見合い(ファーストコンタクト)の申し込みをしましょう。

【その②】早めに決断するべき

先ほどもお伝えした通り、紹介のタイミングはきっちり決まっているものではありません。一気に6名紹介されることも可能性としてはあるのです。

ここでのポイントは、

  1. その男性と会いたいかそうでないか
  2. この判断をなるべく早くする

という点です。

理由は単純です。そもそも迷って考え込んだところで、何も進まないのです。「うーん、どうしようかな・・会ってみたい気もするけど、違う気もするし・・」という気持ちになったら、そこはもう申し込むようにしてください。明らかに、「この人は違う!会う気はない」とはっきり答えが出る場合は別ですが、そうでない場合は申し込み、相手の返事を待ってください。

そもそも、返事は10日以内にしなければならないルールがありますが、ここで10日かけてしまうと、あなたが申し込んだ場合も、相手にその連絡が入るのは当然それよりも後になり、そこから彼が返事を出すまで更に10日の猶予があるということになります。

つまり、このような進め方をしていたら、あまりにもテンポが悪すぎるのです。迷うなら申し込む、そしてさらに次の紹介を待つ、このスタンスで行きましょう。

【その③】ファーストコンタクトをにもっと気楽に考えるべき

紹介を受けて、その男性と会ってみたいか否かを考えるとき、きっと皆さんは「ファーストコンタクト」のことをとても重くとらえるでしょう。本当にその人と会いたいと思っているのか、自分の胸に手を当ててじっくり考えたい気持ちも分かります。

ですが、結婚相談所ですぐに相手が見つかる女性の多くは、基本的に選り好みをせず、より多くの男性と会おうとしていた女性ばかりです。こういう女性ははじめから「この人は好みじゃない、この人は合わなそう」と決めてかかったりしません。「ま、とりあえず会ってみたらいいか」という考え方で婚活を進めているのです。

当然、ファーストコンタクトで会ってみたときに、「こりゃ可能性ゼロだな」と思うような、いわゆる「はずれ」を引いた気持ちになることもあります。

まゆ
ですが、それはそれでいいのです。

プロフィールを見ただけでは分からないことが、実際に会ったことで分かったのですから、これは一つの収穫なのです。そして何より、ファーストコンタクトを多く経験すると、お見合い慣れすることができ、より自然体で男性に接することができるようになります。

【その④】自分のプロフィールにこだわるべき

紹介を受けて、自分からどんどん積極的に申し込みをするのは素晴らしいことです。その分チャンスがどんどん増えていくわけですからね。ただ、もちろんお相手もあなたと会ってみたいと思わない限りファーストコンタクトは実現しません。ファーストコンタクトが実現しなければ、正直何の収穫もないのが結婚相談所です。

ここで気を付けなくてはならないのが、あなたのプロフィールです。当然、会っていない段階でその相手と会うか会わないかを考えるときには、プロフィールがカギを握ります。プロフィールを見て、「この女性は魅力的だ」と思われなければ、相手が申し込みをしてくれるはずもないのです。

写真にこだわるべきなのはもちろんです。男性はもちろん見た目の良い女性を好みますし、見た目が良ければ「とりあえず会いたい」という気持ちになります

まゆ
女性も同じですね。

自然な笑顔の写真を使いましょう。そして、さらに気を付けるべきなのがプロフィールです。ここには趣味や、あなたの性格について書くことができます。これは非常に重要な判断材料になります。何か一つ、他の人がなかなか書かないようなことを書くと、男性の目に留まりやすく、興味を持ってもらいやすくなるはずですよ。

関連記事婚活用写真の選び方「メイン写真とサブ写真」を使い分ける

【その⑤】お相手からのオファー紹介は極力受けるべき

毎月6名の紹介については、なるべく多く申し込むべきだという話をしましたが、さらに大事なのが「お相手があなたに申し込みをした」場合のお話です。つまり、同じように毎月6名の紹介を男性も受けているわけです。そこであなたを紹介された男性が、あなたへ申し込みをしたときには、その連絡がコーディネーターからくるわけです。

この場合、あなたが申し込みをすれば100%ファーストコンタクトは実現します。なんといってもお相手があなたに申し込んでくれているのですから、気持ち的に楽ですよね。

まゆ
ぜひともこの紹介は受けていただきたいところです。

まとめ

結局、何が言いたかったかというと、「選り好みはあまりせず、まずは会ってみるべき」というお話です。そもそも結婚相談所で見た目も良くて稼ぎも良くて身長も高い男性なんて、なかなかいないのが現実です。ですが、何か一つ条件が欠けていたとしても、素敵な男性はたくさんいるはずなのです。できるだけオープンに出会いのチャンスを拾っていきましょう。数撃てば当たる、というのはこういうことです。

もちろん、誰でもいいというわけではないのは分かります。ですが、実際結婚相手の何が良かったかを尋ねると、多くの人たちが

  • 話が合った
  • フィーリングが合った
  • 居心地がよかった

などということを口にするのです。そしてこれらのことは、実際に会わずして見極めることができません。

だからこそ、一人でも多くの男性と実際に会ってみるべきなのです。相手の悪いところを探すのではなく、良いところを見ていくようにして婚活をしてみてください。きっと未来は開けますよ!