シニア向け結婚相談所は「スタッフのサポート力」が重要

結婚相談所・結婚情報サービス

50~60代になると、人生の折返し地点になってきます。今では50歳以上の方で婚姻届けを出す人が急増しており、シニア向けの結婚相談所も登場するようになりました。

晩婚化が進んでいる背景もさることながら、パートナーの離婚や死別によって人生の再スタートを切ろうとする人も多いようです。今回は、

  1. シニア向けの結婚相談所とはどんなところか
  2. 入会前にチェックすべきポイント

を紹介したいと思います。

シニア向けの結婚相談所とは、どんなところなの?

シニア向けの結婚相談所は、50代以降の男女の登録者が多いサービスです。通常の結婚相談所と同じように、インターネットを利用して全国各地の登録者の中から希望の相手を探します。

最近では、高額と言われていた結婚相談所も増えてきたとともに、少しお値打ちになっているようです。

どんな人が入会しているの?

シニア向けの結婚相談所には、通常の結婚相談所とは少し違った目的で入会している男女も多いようです。

パートナーとの死別や離別が原因のこともあれば、長年1人で生活していた初婚の登録者もいます。

特に、50~60代で仕事に追われてきた実家暮らしの男性の場合は、両親の死別によって家事に困って結婚を考える人も少なくないようです。

また、両親の介護目的で結婚相談所に入会をする男性もいましたが彼の場合は、2年経過しても結婚できていないようです。やはり、自分が楽をしようという目的では女性も嫌がるのかもしれませんね。もちろん、純粋な気持ちで結婚を求めている男性も少なくありません。

パートナーと長年連れ添ってきた人が、離婚や死別で別れた場合は話し相手を求めて再婚を検討する男性もいるようです。もう一度、男女の関係を求めて婚活する男性もいます。

女性の場合も同じようにパートナーの死別や離別という面もあるようですが、シングルマザーで金銭的な面で再婚を検討して入会する女性もいるようです。

いずれにせよ、最初に会った段階でお互いの目的をきちんと話した方が良さそうです。

男性のなかには、正直に話さない人もいます。特に、介護目的の婚活の場合はなかなか女性に本当のことを言わないでしょう。

りさ
ちょっとでも気に入った相手なら、徐々に相手の方と話をしつつ「なぜ結婚相談所に入会したのか」探りを入れてみましょう。

シニア婚活で気をつけるべきポイント「4つ」

まず、相手が初婚か再婚なのかは事前にチェックしておきましょう。その理由は、初婚の場合はシニアになってからの婚活になると自分の生活ペースが確率されているので、ライフスタイルを自分のペースに合わせてもらえないかもいしれません。また、お互いに初婚ならより顕著にその傾向が表れるでしょう。

逆に、離婚歴やパートナーが死別している場合は相手のライフスタイルに合わせられる人が多いかもしれません。ただ、以前の奥様を愛していた人の場合は理想のライフスタイルがそのまま前の奥様になっているので、かえって生活しずらいかもしれません。

結婚相談所で気になる男性がいたら、一度「どんな奥様だったのですか?」と話をしてみるとよいでしょう。

相手が話すのを嫌がったら、それ以上話すのはやめましょう。ただ、いずれにせよ一緒になれば元妻の話は絶対にでてきますし子供がいればなおさらです。話しずらい話ほど、言えるうちにしておくのが得策です。

①ライフスタイルは共有できる?

離婚の原因のひとつに「ライフスタイルが共有できなかった」というのは多いので、どんなライフスタイルをしてきたのかをチェックしておくとよいでしょう。できれば、結婚前には一度相手の家にも行くようにしましょう。

1人暮らしをしている男性なら、家の雰囲気をみれば大体どんな生活をしているのかわかるのではないかと思います。

チェックすべきポイント
  • 部屋の綺麗さ(几帳面?ずぼら?)
  • インテリアのセンス(人によっては、趣味が合う合わないで揉めるかも)
  • ごみの量
  • ニオイ(タバコなど)
  • 部屋の大きさ(結婚してからの生活や、掃除に関係するので)

綺麗好きなのか、インテリアのセンスはどういったものが好みなのかも、一緒に生活してみてから合わせられるかどうかといった問題も、家を見れば一目瞭然ではないのでしょうか?

②【食べ物は合う?】相手の持病は?

ライフスタイルに共通するところですが、食べ物が合うかどうかも大切です。特に糖尿病などの病気を患わっている場合は食事制限もあるので、結婚する際には相手の食生活に合わせなければならないかもしれません。

また、女性の場合は相手が食事制限のある病気を患わっているなら献立も考えなければなりません。年をとれば、体が悪くなることだって少なくないのです。お互いに持病などを確認しておくことも、シニア婚活には大切です。

また、人によっては自分の将来の介護の不安から婚活をしている人もいます。相手が何をパートナーに望んでいるかどうかよく話し合うようにしてから結婚を検討しましょう。

③【財産狙い?】結婚詐欺じゃないかもチェック

シニア向けの結婚相談所には、厳正な審査を経て入会している登録者が在籍しています。それでも、どんな人がどのような目的で入会しているかどうかは、相手と話してもわからないかもしれません。

ただ、あまりにも良い話ばかりするような人や、お金をちらつかせるような人には注意です。婚活には、どの業界にも一定数の詐欺がいますので注意しましょう。間違っても金銭の貸し借りを要求するような人とは関わらないように!

④相続問題は特に注意

シニア向けの相談所になると、50代以降の男性と知り合うことが増えていきます。そうなると、万が一結婚して死別したときに相続で揉める可能性がある男性もいるかもしれません。

たとえば、養育費を支払っている男性や、養育費は払い終えたものの成人になった子供がいる男性の場合は、万が一男性が死んだときに遺産相続について別れた子供が絡んできます。特に、酷いもめ事が理由で離婚している男性の場合は遺産相続の時にややこしくなるかもしれません。

りさ
財産分与で困らないためにも、結婚前に相手の子供の有無をチェックしておきましょう。

結婚相談所はどんな業者を選べばよい?

結婚相談所を選ぶ際に気をつけるには、まず業者選びが大切です。次に、50代以降の婚活者はどんなシニア向けの結婚相談所を選べばよいのかをご紹介します。

ネットで情報が少ない相談所は要注意

結婚相談所の中には、詐欺もあるので出来れば有名な相談所を利用した方がよいでしょう。極端に会費が安かったり高かったりする相談所や、口コミやネットの情報が少ない相談所には気をつけましょう。

特に、国民生活センターでは、60歳以上の婚活の相談件数が増えているようです。

りさ
最近ではシニア向けの詐欺も増えているので、ネットで複数の業者を調べてから入会を検討しましょう。

地方にしかない相談所

シニア向けの結婚相談所は、通常の相談所と比べて会員が少ない可能性があります。理由は、シニア世代で相談所に入会できるお金を持っている人となると、登録者が限られてくるからです。

特に、国民年金のみでは相談所の入会も厳しいかもしれません。そのため、地方にしかない結婚相談所になると会員数が少ないので満足した婚活ができないかもしれません。

シニアになると、足腰の体力も衰えているので遠方の異性と出会う体力がないかもしれません。しかし、満足いく婚活をするためなら全国区の結婚相談所のほうが望ましいかと思います。

ネット完結が多すぎる

シニア向けになると、ネット完結が多すぎるようなサービスに登録するのは厳しくなってきます。どんどん目が老化したり、体を壊せばネットの利用は大変になるので、できれば仲介スタッフが話を聞いてくれるようなサービスを探した方がよいでしょう。

また、相談所の支店が家から近いかどうかも大切です。すぐに相談できる場所にないと、段々行くことが億劫になってしまいます。

りさ
足腰が悪くなっても、いつまでも参加を続けられるような相談所をチョイスしましょう。

シニア世代の方にオススメの結婚相談所

結婚相談所へ入会できたとしても、婚活している方の年齢層は30代、40代の方が多いのが現状です。「50過ぎているから、自分には向いていないかも・・・」と感じるかもしれませんが、シニア世代の方向けのプランを用意している結婚相談所もあります。

このプランを活用すれば、シニア世代の方と出会いやすくなりますので、若い世代の中に紛れて婚活する必要も無くなります。ここでは、シニア世代向けのプランを用意している結婚相談所を紹介していますので、参考にしていただければと思います。

パートナーエージェント PAX MENBERS

パートナーエージェントではシニア世代の方向けのプラン「PAX MENBERS」を用意しています。プラン内容が少々複雑でお住いの地域と年齢によって入会条件が変わってきます。下記に、地域と年齢の詳細をまとめましたので、参考にされてください。

地域 年齢条件
関東 男性:55歳以上〜64歳以下。
女性:45歳以上〜54歳以下。
関西 男性:55歳以上〜59歳以下。
女性:41歳以上〜49歳以下。
東海 男性:50歳以上〜59歳以下。
女性:40歳以上〜49歳以下。

地域によって入会できる年齢の条件が異なりますので、入会を検討中の方は注意してください。お住いの地域に店舗が近い方であれば、利用しやすいですが、店舗が遠方にある方にとっては、少々利用しづらいかと思われます。料金もお住いの地域によって異なるので、その料金についても紹介していきます。

「エリアⅠ」プラン 料金 「エリアⅡ」プラン 料金
初期費用 90,000円 初期費用 90,000円
月会費 12,000円 月会費 9,000円
登録料 30,000円 登録料 30,000円
成婚料 50,000円 成婚料 50,000円
エリアⅠ

新宿店、銀座店、銀座数寄屋橋店、池袋店、上野店、丸の内店、町田店、八重洲店、渋谷店横浜店、大宮店、千葉店、船橋店、名古屋店、岡崎店、岐阜店、大阪店、なんば店、京都店、神戸店、姫路店、奈良店

エリアⅡ

札幌店、高崎店、水戸店、静岡店、浜松店、広島店、福岡店、北九州店

 

オススメポイント!
  • 同世代の方と出会いたい方
  • お見合いなどのサポートをスタッフに任せたい方
  • お住いの地域に店舗がある方

オーネット スーペリア

結婚相談所の中でも大手である「オーネット」もシニア世代向けの方に向けた婚活の場を提供しています。上記で紹介したパートナーエージェントのプランよりもシンプルなので、わかりやすいところが良い店でもあります。それでは、オーネットのスーペリアについて紹介していきます。

対象年齢 男性:50歳〜 女性:45歳〜
対象地域 関東、関西、東海
入会金 30,000円
月会費 10,000円

オーネットのスーペリアプランは料金が安く設定されているところに魅力があります。通常のプランですと入会金に10,6000円必要になってくるのですが、スーペリアでは30,000円で入会することができるのです。また、成婚料は0円なので、婚活費用を抑えたい方にとってはオススメの結婚相談所となります。

また、通常のプランの場合、スマホやパソコンなどを利用して婚活するスタイルですが、スーペリアでは専任のアドバイザーが婚活をサポートしてくれますので、スマホやパソコンが苦手という方でも婚活できる環境となっております。

オススメポイント!
  • できるだけ婚活費用を抑えたい方
  • 成婚料が0円
  • サポートしてほしい方

まとめ

シニア向けの結婚相談所は、50代以降の男女の登録者が多いです。最近ではパートナーとの離別や死別を機会に再婚を検討したり、ずっと仕事人間だった人がある日突然結婚がしたくなって相談所に入会したりというケースが増えているようです。

なかには、両親の介護や家事をしてもらいたくて結婚を考える人もいるようですが、自分の利益のために婚活している男性はなかなか縁談がまとまらないようです。

シニア向けの結婚相談所でお目当ての人と出会った際には、

  • どんな目的で入会したのか
  • 離婚歴がある人なら子供は何人いたのか

等チェックしておくとよいでしょう。特に、子供の有無は財産分与などで揉めたりしやすいので結婚前にハッキリさせておきましょう。子供の中には「再婚するなら相続は破棄してほしい」と言ってくる人もいるようなので、子供との関係についてはしっかり相談しておきましょう。

相談所の業者は、できれば全国各地にある方が登録者が多いので望ましいです。シニア向けになると、どうしてもお金を持っている人が限られるので、登録者が少なくなってしまうからです。

ただ、足腰がどんどん弱くなればなるほど大変になるので、相談所が家の近くにあるかどうかもポイントです。あまりにもネット完結を勧めるような相談所ではなく、安心して婚活できる仲介スタッフの多い相談所がオススメです。

また、会費が高すぎたり安すぎるような相談所も辞めておきましょう。シニア向けと謡って詐欺の可能性があるかもしれないので、必ず口コミなどはネットでチェックして複数の業者の評価を調べておきましょう。

The following two tabs change content below.

りさ / 婚活マニア

幾多の婚活にチャレンジして、結局は合コンで知り合った男性と結婚した「元」婚活女子です。結婚相談所、婚活パーティーでの婚活経験豊富で婚活中にメイク術も向上しました。