【もう調べなくて大丈夫】大手相談所6社を徹底的に比較しました!

結婚相談所に入会する前にネットで調べる方が多いと思います。その中で

  • 「もっと楽に比較したい」
  • 「比較できて、まとまった記事があれば便利なのに・・・」
  • 「いろんなサイトを往復して比較するが疲れる」
  • 「そもそも、何を比較したらいいのかわからない」

と思った方は多いと思います。結婚相談所といっても全国各地に数多くありますので、どの相談所が自分に合っているのかを調べることは非常に難しいですし、意外と疲れますよね。

ここでは、「LoveMatchLifeメンバーの3人」が結婚相談所を”中立的な立場”になって徹底的に比較しています。

まゆ
よろしくお願いします。結婚関連のことはお任せください!
りさ
よろしくお願いしま〜す!
さやか
よろしくお願いします。

もし、結婚相談所の入会を検討している、興味があるという方は、この記事を参考にしていただければと思っています。

それでは、早速比較していきましょう!

結婚相談所の特徴と違い

まずは、結婚相談所のシステムの違いについて紹介していきます。結婚相談所には、

  • データマッチング型
  • 仲人型

大きく2種類の分けて分類することができ、この2つでは婚活できる環境、サービス、価格などが大きく変わってきます。

この記事ではデータマッチング型3社、仲人型3社、計6社の大手結婚相談所の特徴を徹底的に比較、調査しております。

調査対象の結婚相談所6社

データマッチング型
仲人型

上記の6社を元に比較しておりますので、ぜひ、参考にされてください。まずは、データマッチングと仲人型の違いについて紹介していきます。

データマッチング型

データマッチング型では、自分で相手を探していくスタイルでの婚活になりますので、積極的な方に向いている結婚相談所となります。仲人型と比べると、気軽に婚活を楽しめる結婚相談所とも言えますね。

運営している大手の会社が運営していることが多く、楽天、イオンといった大手企業が結婚相談所を運営している安心感から会員数がかなり多いことが最大の特徴であり魅力でもあります。

まゆ
イオンの映画館で「ツヴァイ」の宣伝を見たことある?あれは自社のサービスの宣伝なんだよ。知ってた?
さやか
あ、私も見たことあるかも。けど、イオンのサービスだとは知らなかったなー。
イオン(ツヴァイ)は映画館で、楽天に関してはテレビCMで「楽天オーネット」の宣伝を大々的に行なっている企業ですし、全国の方達に影響を与えるほどのサービスを展開している会社でもあります。知名度という点に関しては申し分ないですし、その知名度を生かして会員数を集めることができている結婚相談所とも言えます。

仲人型

データマッチング型とは違い、仲人型は”結婚相談所のサービスに特化している”といってもいいですね。イオン、楽天が運営している結婚相談所と比較すると、会員数が少ないところがデメリットだと思われがちですが、会員数の少なさには、それなりの理由があるのです。

仲人型の結婚相談所の中には、

  • ハイステータス男性(医者、弁護士など)
  • 高収入の方
  • 大学卒、大学院卒

このように「会員を限定している」という特徴があるのです。

「高収入の男性と結婚したい」

「高学歴の男性と結婚したい」

「専業主婦になりたいから、収入が多い人の方が良い」

と考えている方にとってはうってつけの結婚相談所ですが、そう簡単には入会できない条件が設けられていることがありますので、簡単には入会できない仕組みとなっています。

料金設定が高く設定されていることも、仲人型とデータマッチング型の違いとなり、この高額設定がハイステータスの会員を呼び寄せるきっかけにもなっているのです。

ネット婚活に向いているのはどっち?

現在、スマートフォンやPCを利用して婚活するスタイルが主流となっています。この婚活スタイルは結婚相談所も採用していますが、仲人型の婚活では基本、その名の通り仲人(スタッフ)が相手を紹介してくれるスタイルでの婚活スタイルになりますので、自分でネットを利用して相手を探すのではなく、仲人に全てを任せるスタイルが多いです。全て仲人に任せることができるので、その分料金が高くなってしまうというわけです。

ネット婚活に向いているのは、データマッチング型と言えます。

ポイント
ネット中心に、自分で積極的に婚活を行いたい方はデータマッチング型、消極的な性格で、スタッフに全てを任せたい方は仲人型、と大雑把ではありますが違いを分けることができます。

比較するポイント

上記でデータマッチングと仲人型の違いを理解したことで、自分にはどっちの方が合っているのか、だいたい予想できたかと思います。予想ができれば、次のことを比較する必要があります。

  1. 会員数
  2. 料金設定
  3. 立地条件

大きく分けてこの3つを比較して、自分に合う結婚相談所を絞っていくのです。データマッチングに向いていると思った方は、データマッチング型の結婚相談所の会員数、料金設定、立地条件を比較することが大切になってくるのです。

それでは、会員数、料金設定、立地条件の重要性を深掘りしていきましょう!

会員数

結婚相談所で婚活するにあたって、会員数が多いことは重要になってきます。会員がいなければ婚活すらままならない状態になりますからね。上記でも言いましたが、データマッチング型と仲人型では”会員の質”が変わってきますので、

  • どのような人をターゲットにしているのか
  • どのような婚活スタイルで婚活をしたいのか

で、検討する結婚相談所が大きく変わってきます。

検討する結婚相談所が仲人型でハイステータス男性狙いであれば、その相談所は男性よりも女性が多くなる可能性が高いということになり、女性の方にとっては激戦区になるというわけです。
さやか
人気の女性、人気の男性を狙い場合は、激戦を制しなければいけない、ということなのか。
りさ
妥協したくない気持ちはわかるけど、現実は妥協しないといけないところはあるよね・・・。

激戦を強いられながら、会員数の少なさにも悩まされる可能性もあるのです。会員数が単純に多ければいいというわけではありませんが”会員数がどのような割合なのか”にも注目しなければいけないのです。

ここでいう割合とは、

  1. 男女比
  2. 年齢層

この2つです。結婚相談所によって、男女比と年齢層に違いがあり、若い人が多いところがあれば、中年層が集まるところもあるのです。また、男女比にも差が出るところもあるので、この2つの点を調べ、自分が有利に婚活できる結婚相談所をピックアップすることは非常に大切なことです。

ここでは、結婚相談所の会員数、男女比、年齢層を楽して比較できるように、まとめさせていただきました。

会員数【比較】

データマッチング型
名称 男女比
ツヴァイ 29,236名 ※2018年2月20日現在。
楽天オーネット 49,790名 2018年10月1日現在。
ノッツェ 非公開

楽天オーネットの会員数が目立つなか、ノッツェの非公開も気になります。ネットで検索してみたところ、「約40,000名」と紹介しているサイトが多々ありますが、公式サイトでは非公開となっているので、本当の数字は謎のままです。

楽天オーネット、ツヴァイの会員数に関しては公式サイトにしっかりと記載されていましたので、信用できる会員数です。

仲人型
名称 男女比
パートナーエージェント 24,429名 ※2018年12月現在
ゼクシィ縁結びカウンター 23,400名
IBJメンバーズ 約60,000名

仲人型の会員数をみて「そんなに会員数が少なくない」と思った方は多いのではないでしょうか。仲人型といっても会員数が極端に少ないわけではなく、大手の結婚相談所であれば、いろんな結婚相談所を連携したサービスを提供しているので、会員数が多くなる仕組みとなっているのです。

IBJメンバーズに関しては、「IBJ日本結婚相談所連盟」という連盟があり、この連盟に加入している結婚相談所の会員全ての合計が約60,000名という事ですので、1つの結婚相談所で60,000名も在籍しているというわけではありません。

IBJメンバーズは”結婚相談所の百貨店”と例えればわかりやすいかもしれませんね。

ゼクシィ縁結びカウンターは、パートナーエージェントと提携していますし、「CONNECT-ship」の会員約14,700名とも婚活できる仕組みとなっています。

純粋なゼクシィ縁結びカウンターの会員数は8,700名と公式サイトでも記載されていますし、いろんな提携元があるからこそ、2万名を超える会員が在籍しているという形になっています。

CONNECT-ship(コネクトシップ)とは
コネクトシップはパートナーエージェントが開発、運営をしており、会員相互プラットフォームです。”IBJメンバーズが百貨店”であれば”コネクトシップはコンビニ”と捉えてもらえばいいかと思います。パートナーエージェントという店舗にゼクシィ縁結びカウンターという商品が陳列されている、というイメージです。
さやか
いろんな結婚相談所と提携して、会員数が多く見えるのは、会員数の水増しをしているようにも感じる・・・。
りさ
水増ししている感はあるけど、会員数が多いに越したことはないよね。
まゆ
ポジティブに捉えるなら、多いに越したことはないね。けど、中には会員数を水増ししている悪徳結婚相談所もあるみたいだから注意しないとね。

男女比【比較】

データマッチング型
名称 男女比
ツヴァイ ♂50.2♀49.8 ※2018年2月20日現在。
楽天オーネット ♂55.4♀44.6 2018年10月1日現在。
ノッツェ ♂60♀40

データマッチング型の男女比を比較してみると、ある共通点が浮かび上がります。その共通点は”男性会員が割合が多い”ことです。ツヴァイに関しては、さほど変わりがありませんが、楽天オーネットでは男女比の差に開きがあります。ノッツェに関しては、ざっくりとした男女比なのですが、男性会員の方が多い結果となっております。

男性は女性を射止めるハンターとしての本能があるからか、積極性が必要なデータマッチング型に入会する傾向が、この男女比で見て取る事ができます。

仲人型
名称 男女比
パートナーエージェント ♂44.2♀55.8 ※2018年12月現在
ゼクシィ縁結びカウンター ♂40♀60
IBJメンバーズ ♂41♀59

仲人型の男女比を比較することでも、ある共通点が浮かび上がります。その共通点は”女性会員の割合が多い”ことです。仲人型の結婚相談所であれば、ハイステータスの男性と結婚できる可能性が高いため、女性会員が多い結果となっています。

ハイステータスの男性と結婚できる可能性が高い反面、売れ残ってしまう女性で溢れかえってしまう可能性もある、ということにもなります。

ポイント
  • データマッチング型の場合は、男性会員が若干多めとなっているので、男性には不利になりやすく、女性は少し有利な立場になる。
  • 仲人型の場合は、ハイステータスな男性であれば、理想の女性を出会いやすく、女性会員の方は激戦区で婚活することを強いられる。
りさ
男女比を比較するだけで、婚活の方向性の違いに気づく事ができるんだね!
さやか
ほんとに、そうだよね。仲人型は手厚いサービスをしてくれるし、ハイステータスな男性を出会えるかもしれないけど、女性には不利な婚活になりやすいんだね。
まゆ
ハイステータス男性と結婚したい意思が強い人であれば、仲人型で婚活する意味はあると思うよ。合コンとか、街コンとかで、闇雲にハイステータス男性を探すよりかは効率的だし。
りさ
確かにそうだね。データマッチングは気軽さ、仲人型はスタッフに任せられるという安心感と会員の質の高さが魅力なのかもね。
まゆ
私は女性だけど、積極的にアプローチしたいから、データマッチング型で婚活したいけどなー。
さやか
私は高額でもいいから、仲人型がいいよ。自分からアプローチするの苦手だし、まったり婚活できそう。
まゆ
男女比を比較するだけでも、だいぶ、自分の婚活スタイルが見えてきたね!あとは、自分が求めている年齢層の割合が気になるなー。

年齢層【比較】

データマッチング型
男性の年齢層
このグラフを見ていただくと、30代、40代の男性が多いことが一目でわかります。しかし、ツヴァイと楽天オーネットで違いがあり、ツヴァイでは40代男性が多く、楽天オーネットでは30代男性が多いことがわかります。

楽天オーネットは20代の男性も多く、全体的に若い世代が婚活をしている場となっていることがわかります。ツヴァイは40代男性の層が最も多く、50代の層が多いところがオーネットと違うところです。ツヴァイは楽天オーネットよりも大人の方が婚活していることがわかりますね。

女性の年齢層

女性の年齢層を比較すると圧倒的に30代が多いことが一目でわかります。ツヴァイ、楽天オーネット共に30代の年齢層が多く、この年代がひしめき合っている状態ということです。

男性の年齢層との違いは、40代、50代の年齢層が少ないことです。女性の方は若いうちに結婚したいという願望が男性よりも強く、若いうちから婚活に取り組んでいる人が多いということです。

比較結果

データマッチング型の年齢層は、主に20代、30代の層が占めています。20代、30代という年齢は結婚したいと考え始める時期ですし、中には再婚を考えている人もいる年代でもあります。

楽天オーネットでは30代の女性が多く、ツヴァイでは40代の男性が多いという結果になっています。このように、結婚相談所によって年齢層の違い、年齢層によって男女比が異なってくるとことも比較するポイントです。

ポイント
仮に、30代女性の方が楽天オーネットで婚活をする場合「30代女性が多い=ライバルが多い」ということになりますので、少し不利な状況で婚活をすることになります。

逆に男性は多くの女性と出会えるチャンスが多くなるということになります。

20代、30代の年代はどの婚活の場であっても、多くなりやすい年齢層ですが、ここで注目して欲しいところは50代男性の多さです。意外にも中高年層が多く、データマッチングを利用して婚活していることがわかります。中高年だからといって、データマッチング型の結婚相談所を利用しない方は少ないということがわかります。

※ノッツェに関しては、会員数非公開のため、年齢層も非公開となっております。

仲人型
男性の年齢層

このグラフを見てもらうと、明らかにゼクシィ縁結びカウンターだけ違う動きをしていますね。これには理由があり、その理由は料金設定の違いにあります。詳細は下記の”料金設定の比較”で紹介しますが、ゼクシィ縁結びカウンターは仲人型の結婚相談所としてはリーズナブルな料金設定になっているのです。

高額な料金設定の結婚相談所が絶対に良いというわけではありませんが、安価な結婚相談所に若い男性が集まっていることがわかります。

女性の年齢層

女性の場合、男性と違って、高額なパートナーエージェント、IBJメンバーズを利用している層が多いということです。ゼクシィ縁結びカウンターを利用している層が少し抜けてはいますが、男性のグラフと比較すると、3つの結婚相談所がバランス良く利用されていることがわかります。

ここでも30代の層が圧倒的に多く、高額であれ利用している方が多いですが、40代の層が男性と比較するとかなり少なくなっています。40代の場合、男性はステータスが高ければ婚活しやすい場ではありますが、40代女性の方は婚活しにくいか、結婚相談所の中でも売れ残ってしまう可能性が高いのです。

それを理解した上で、40代の方は激戦区になりやすい仲人型を避け、データマッチング型で婚活をしている、ということが仲人型、データマッチング型の年齢層グラフを見て、動きを読み取ることができます。

比較結果

上記の男女のグラフを見ていただくと、30代の層がズバ抜けて多いということ。しかし、ゼクシィ縁結びカウンターだけが違うグラフの形を形成していることがわかると思います。ゼクシィ縁結びカウンターのグラフに注目してもらうと、若い年齢層に集中していることがわかります。

その理由は、パートナーエージェント、IBJメンバーズよりも料金設定が安く設定されていることから、若い年齢層の方でも入会しやすいという理由があるからです。仲人型の中でもリーズナブルに婚活ができる結婚相談所ということになりますね。

パートナエージェント、IBJメンバーズの2つに関しては、ゼクシィ縁結びカウンターよりも料金設定が高くなっていることもあり、30代、40代の層が多くなっています。

そして、注目して欲しいポイントが30代女性の層が圧倒的に多いということです。比較対象にしている3社とも30代女性の層が多く、高額なお金を支払って真剣に婚活をしている人が多いことがわかります。その反面40代の層がかなり少なくなっており、40代男性の層と比較すると、かなり低いことがわかります。

少し言い方が悪くなってしまいますが、女性より男性の方が婚活に対して気軽な気持ちで取り組んでいるのかもしれません。女性の場合、高額な金額を出してまで婚活に取り組んでいる人が多いですが、男性はできるだけ安価な結婚相談所に入会していることが、上記のグラフから読み取れるからです。

年齢層まとめ
  1. 男女共に”30代”が多い
  2. 30代の中でも”女性の層”が特に多い
  3. データマッチング型の年齢層は”20代、30”代が多い
  4. 仲人型には”中高年男性”が多く”若い女性”が多い
りさ
男女関係なく、30代の層が多いんだね!20代の「遊びたいから、まだ結婚は考えていない」って考えがなくなって、真剣に結婚を考え出す時期でもあるからね。
さやか
私は20代の頃から真剣に結婚したいと考えていたけど、結婚相談所を利用するまで真剣には考えていなかったなー。
りさ
結婚相談所って敷居が高いイメージあるよね。お金も必要になってくるし”入会”という言葉に躊躇してしまうよ。
まゆ
お金は必要になるけど、自然な出会いを待ってばかりいると時間だけが過ぎてしまうから、「時間をお金で買う」という感覚で利用するのはアリだと、私は思うけどなー。
さやか
安いと入会しやすいけど、それで良い人が見つからなかったら意味がないし・・・。簡単には決められないね。
まゆ
自分が求めている年齢層が多いところで、データマッチング型で婚活するか、仲人型で婚活するかを決めたいところだけど、料金設定も大事だよ。

パートナーエージェント、IBJメンバーズの2つと、ゼクシィ縁結びカウンターの違うところは料金設定にあり、その料金設定の中でも”成婚料の違い”が大きく違うところです。

次は、料金設定の違いを比較してみましょう。

料金設定

プランの違い

結婚相談所によって用意しているプランが違い、プランによって紹介される相手の人数も変わってきます。料金も変わってくるので、自分の婚活スタイルに合ったスタイルで婚活できる環境と価格帯のプランを探す必要があります。

どこの結婚相談所でも基本の3つのプランが用意されていることが多く、

  1. 気軽に婚活できる安価な「シンプルプラン」
  2. サポート体制が充実した「スタンダードプラン」
  3. サポート体制、紹介人数など、かなり充実した「プレミアムプラン」

※プランの名称は仮でつけました

主に、この3つの形のプランが用意されています。基本的なプランに加えて、特殊なプランを用意しているところが多く、その種類は多岐にわたって用意されています。

特殊なプラン
  • 20代割
  • 再婚プラン
  • 中高年割
  • シングルマザー限定プラン

基本的なプラン以外にも、もっと自分の条件に合ったプランで婚活できる環境を整えている結婚相談所は多くなっています。プラン選びも大事なことですが、それよりも重要になってくる料金システムが”成婚料”です。

成婚料は成婚退会時に結婚相談所に支払う料金のことを言いますが、この料金は非常に高額で10万円、20万円必要になってくることがあるので、チェックしておく必要があります。

しかし、結婚相談所の中には、成婚料の掲載を目立たなくしているところがあるのです。下記に成婚料の有無、成婚料の金額をまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

成婚料の有無

データマッチング型
名称 成婚料の有無 成婚料
ツヴァイ 0円
楽天オーネット 0円
ノッツェ 108,000円 ※1
※1 お見合いアシストコース、DNAマッチングコースの場合、成婚料として108,000円必要となります。

データマッチング型の結婚相談所では成婚料が0円に設定されているので、この点に関しては心配ないです。成婚料が0円ということもあり、入会の敷居が低くなり若くてお金に余裕がない人でも利用しやすい料金設定になっています。

仲人型
名称 成婚料の有無 成婚料
パートナーエージェント 50,000円
ゼクシィ縁結びカウンター 0円
IBJメンバーズ 200,000円

仲人型の結婚相談所は、成婚料が必要なところが多くなってきます。ゼクシィ縁結びカウンターは0円で設定されているので、料金設定という面ではデータマッチング寄りになりますが、パートナーエージェント、IBJメンバーズに関しては、成婚料が発生してきます。

IBJメンバーズの成婚料は20万円に設定されていることから、かなりお金に余裕がある方ではないと入会することが難しい設定になっていることがわかります。しかし、この高額設定されているのにも理由があり、ハイステータスというブランドを守るためにも、この料金設定は必要になります。

ほとんどの場合、男性側が成婚料を支払うことが多いですし、ハイステータスな男性であれば、問題なく支払ってくれるでしょう。成婚料でハイステータス度を測ると、

  • IBJメンバーズ(高)
  • パートナーエージェント(中)
  • ゼクシィ縁結びカウンター(低)

単純な比較にはなりますがランク付けする場合は、こうなります。

成婚料には気をつけて!

上記でも言いましたが、もう一度行っておきます。結婚相談所の中には成婚料の記載を目立たなくしているサイトもあるので、注意して確認してください。

小さい文字で一番右下に記載されていたり、タブを開かないと成婚料を確認できないようにしているサイトもあるので注意してください。優良な結婚相談所の場合、成婚料が明確に掲載されていますので、料金を確認する際は、成婚料が目立っているか、いないかで安心度を比較することができます。

また、支払い方法で揉めることもあります。

  • 男性が支払うか
  • 女性が支払うか
  • 折半して支払うか

このようなことで揉めることがあるので、成婚料の支払いについては、相手としっかり話し合うことも重要になってきます。成婚料は成婚退会することで支払うことになりますが、入会前に支払う「初期費用」も必要になってきます。

次は、初期費用を比較していきましょう。

初期費用

結婚相談所のシステム、サポートを利用する前に支払う料金「初期費用」ですが、結婚相談所となると、結構高額になります。料金の内訳も結婚相談所によって異なるので、比較しにくい部分ではあり、内訳の項目として、

  • 登録料
  • 入会金
  • 活動サポート費
  • 情報提供料

など、内訳の項目が結婚相談所によって違うのです。ここでは、

  1. ”入会前に必要なお金”を初期費用とする
  2. プランは「中レベル」

この2つを条件に比較しました。

データマッチング型
名称 初期費用 プラン名
ツヴァイ 95,000円(税抜き) パーソナルサポートスタンダード
楽天オーネット 106,000円(税抜き) プレミアムプラン
ノッツェ 75,000円(税抜き) お見合いアシストコース

ツヴァイと楽天オーネットは10万円前後と、大差ない料金ですが、ノッツェだけ少し安めの設定となっていることがわかります。初期費用が安ければ、それだけ入会しやすいと思いがちですが、実は、入会後に支払う料金が高いことがあるので、この時点で簡単に決めることはやめたほうがいいでしょう。

その理由は、初期費用が安い代わりに月会費が高く設定されている可能性があるからです。現に、ノッツェの月会費はツヴァイ、楽天オーネットよりも高く設定されています。

仲人型
名称 初期費用 プラン名
パートナーエージェント 125,000円(税抜き) コンシェルジュコース
ゼクシィ縁結びカウンター 30,000円(税抜き) スタンダードプラン
IBJメンバーズ 220,000円(税抜) スマートコース

仲人型の初期費用を比較して気になるところは、ゼクシィ縁結びカウンターの初期費用ではないでしょうか。30,000円と、データマッチング型よりも、はるかに安く設定されているのです。

この金額あれば、若い世代が多く入会しているのも納得できますが、ハイステータスな若い方が本当に在籍しているのかどうかは疑問に感じるところです。金額で良し悪しを図ることはできませんが、ハイステータスな男性であれば、成婚料も初期費用もしっかりと支払う能力があるはずです。

ゼクシィ縁結びカウンターは仲人型の中でも、格段気軽に婚活できる環境ということです。

IBJメンバーズの公式サイトをチェックしていただければわかるのですが、スマートよりもはるかに上級なプライムコースがあり、なんと初期費用として380,000円必要になってきます。手厚いサポート、サービスをフル活用できるサービスですが、この金額を出せる人は、かなりお金に余裕がある人でないと、躊躇してしまう金額。

高ければ良いという問題であはありますが、その金額に見合ったサポート、サービスは期待していいでしょう。

ゼクシィ縁結びカウンター、IBJメンバーズの2つよりもパートナーエージェントの料金設定は”無難”な設定になっています。なっているといいますか、比較すると無難に感じてきますよね。

無難といっても125,000円もの大金が必要ですから、仲人型の結婚相談所で婚活をする場合、ある程度の投資は覚悟しておいたほうがいいでしょう。初期費用を支払い入会することになれば「月会費」を支払うことになります。

次に、月会費を比較していきましょう。

月会費

月会費はその名の通り月に1回支払う料金のことですが、結婚相談所の月会費はそれなりの料金設定になりますので、特にチェックしておく必要があります。月会費が高ければ高いほど、長期戦になった場合、多くのお金を支払うことになるので、見逃してはいけない項目です。

それでは、大手結婚相談所6社の月会費のチェックしていきましょう!

データマッチング型
名称 月会費 プラン名
ツヴァイ 10,500円(税抜き) パーソナルサポートスタンダード
楽天オーネット 13,900円(税抜き) プレミアムプラン
ノッツェ 19,500円(税抜き) お見合いアシストコース

データマッチング型の月会費を比較してわかることは、ノッツェの月会費が高く設定されていることです。初期費用を比較する際にも言いましたが、ノッツェの初期費用は安く設定されている代わりに、月額費が高く設定されているのです。

ということは、ノッツェでの婚活は短期決戦で終わらせないと毎月20,000弱の月会費を支払い続けることになるのです。すぐに成婚できれば問題ないですが、結婚相談所に入会したからといって、そう簡単に成婚できるわけではありませんので、この月額費はノッツェにとってウィークポイントだと思います。

逆にツヴァイと楽天オーネットは税込で20,000円を超えない月会費に抑えられているので、スマートフォンを契約した感覚で月会費を支払うことができます。といっても楽天オーネットは少々高めに設定されていますが、ツヴァイは税抜10,500円なので、支払いやすい金額に設定されています。

短期決戦ならノッツェ。長期的にマイペースに婚活するならツヴァイ。
仲人型
名称 月会費 プラン名
パートナーエージェント 13,000円(税抜き) コンシェルジュコース
ゼクシィ縁結びカウンター 16,000円(税抜き) スタンダードプラン
IBJメンバーズ 15,000円(税抜き) スマートコース

仲人型の月会費を比較してわかることは、それほど差がないことです。しかし、ここで注目して欲しいところは、ゼクシィ縁結びカウンタの月会費が高いところです。初期費用では圧倒的に料金設定を低く設定されていましたが、月会費は若干ではありますが高く設定されているのです。

IBJメンバーズに関しては、初期費用も月会費もそれなりに高いことがわかります。これだけの料金に設定にしているということは、サポート、サービスに自信がある現れと捉えてもいいでしょう。この金額で適当なサービスであった場合、かなりクレームがくるはずですからね。

パートナーエージェントに関しては、初期費用と同じく”無難”な設定されています。無難といっても税抜き13,000円なので、高額ですが、仲人型としての月会費であれば良心的な設定です。

さやか
初期費用と月会費の料金設定には、お金の”からくり”が隠されていそう。
りさ
確かに、何かありそうだよね。初期用で入り口を緩くしておいて、入会後に搾り取る感じもするし・・・。初期費用を安くして婚活を長引かせる作戦だったりして(笑)
まゆ
りさちゃん、口が悪いよ(笑)けど、そんな感じがするのは私も一緒だけど、入り口を緩くしないと入会するきっかけに繋がらないことも確かだと思うよ。
さやか
初期費用と月会費のバランスを考えて1つの結婚相談所を選ぶことは難しいね。
りさ
私なら、長期目線で婚活したいから月会費が安いところがいいかも。すぐに相手を選ぶのもなんか変な感じがするし。月会費が安い結婚相談所に魅力を感じるなー。
まゆ
月会費の料金設定はかなり重要だけど”休会制度の月会費”を見落としている人は、意外と多いと思うんだよね。
りさ
休会している時って、月会費払わないといけないのかな〜?
まゆ
結婚相談所にもよるけど、ほとんどのところでは支払う必要があるよ。
さやか
え、そうなんだ!婚活していないのに月会費払うとか、もったいなくない?
まゆ
休会すると、休会中の月会費設定になるから、多少安くなるのもあるし、便利な制度だと思うよ。

基本的な月会費の他に”休会中の月会費”についての話題が出てきましたが、

  • 休会制度どのようなものなのか?
  • どのような仕組みになっているのか?
  • 休会中に支払う意味ってあるの?

など、気になる点はいくつかあると思います。次は、休会制度について比較していきましょう!

休会制度の有無

データマッチング型
名称 休会制度の有無 備考
ツヴァイ 1回の活動休止期間は最長3ヶ月間が上限。期間中、月会費のうち、情報提供料は発生しない。
楽天オーネット 会員期間1年間につき最大12カ月間活動休止が可能で、その期間の月額費として500円(税抜き)が発生する。
ノッツェ  「交際休止」と「特別休止」の2種類有り、特別休止のみ月会費不要。
仲人型
名称 休会制度の有無 備考
パートナーエージェント 6ヶ月間休会可能で、この期間中月額費として5,400円(税込)が必要。
ゼクシィ縁結びカウンター 休会期間や取得回数の制限はなく、この期間中月額費1,000円(税抜き)が必要。※全てのサービスが利用不可になる。
IBJメンバーズ  交際中の休会不可

ほとんどの結婚相談所で休会制度が設けられていますが、その内容は以外にも複雑で、

  1. 休会中の月額費の違い
  2. 休会するための条件の違い
  3. 休会できる期間の違い
  4. 利用できるサービスの違い

この4点の違いが生じてきます。休会中なので、サービスが利用できなくても問題ないかと思われますが、ツヴァイでは休会中であってもツヴァイが主催しているパーティー、イベントに参加することができるのです。

逆にゼクシィ縁結びカウンターは、休会中に全てのサービスが利用できなくなってしまいます。休会制度という、あまり目にしない制度でありますが、複雑なサービス内容となっているので、チェックしておいて損はないですよ!

ポイント
退会して新たに結婚相談所に登録するよりも、料金面(初期費用)での負担が軽くなりますが、休会中であっても月額費を支払うケースが多く「婚活に疲れたけど、退会するのはもったいないな〜」と思っている方にうってつけの制度です。

成婚率と成婚退会者数

上記の料金設定の比較の際に成婚料という項目が出てきましたが、これは成婚退会する際に必要になってくる料金のことを言います。成婚退会するために結婚相談所での婚活に取り組むわけですが、一体、どれほどの人が成婚退会することができているのか?

ここでは、結婚相談所が明記している成婚退会者数に基づいて成婚率を比較していきましょう!

データマッチング型

名称 成婚率 成婚退会者数
ツヴァイ 非公開 5,259人(2017年度)
楽天オーネット 非公開 5,990人(2017年度)
ノッツェ 非公開 非公開

データマッチング型の成婚率を調べたところ、非公開のところが多かったので、比較しようにもできません。いろんな比較サイトで成婚率を表記しているところがありますが、公式サイトには記載されていない数字を記載しているサイトがあります。ここでは、あくまでも”公式サイトで記載されている数字”を紹介したいと思っていましたので、正直に記載したところ、このような結果となりました。

1つ言えることは、楽天オーネットの方が会員数が多いのに対して、ツヴァイの成婚退会者数が楽天オーネットを大差ないことです。

仲人型

名称 成婚率 成婚退会者数
パートナーエージェント 28.6% 3,476人(2017年度)
ゼクシィ縁結びカウンター 非公開 非公開
IBJメンバーズ 51.5% 9,375人(2017年度)

仲人型もゼクシィ縁結びカウンターでは成婚率、成婚退会者数共に非公開となっております。まだ、若い結婚相談所ということもあり、他者に差をつけるほどのデータがない(見劣りしてしまうデータしかない)のではと思います。

パートナーエージェントとIBJメンバーズの2つに関しては、しっかりと公式サイトに成婚率と成婚退会者数が記載されていましたので、正確なデータだと言えます。IBJメンバーズの51.5%という成婚率に目がいってしまいますが、2人に1人が成婚できると疑ってしまいますが、そもそも、成婚率の計算方法は曖昧ということもあるので、あまり信用できるデータではないのです。

なぜ、成婚率は信用できない?

成婚率の計算式は「会員数÷成婚退会者数=成婚率」という形になっているのですが、

  • 成婚に至る定義が結婚相談所によって違う
  • 独自の計算方法を用いて算出している

など、結婚相談所全体として成婚率を計算する定義が確立されていないこともあり、あまり信用できない数字なのです。成婚退会者に関しては信用できる数字ではあるのですが、成婚率といった確率に関しては算出方法が関わってくるので、あまりあてにならないということです。参考程度に見た方が無難です。

結婚相談所側としても、信用できない数字をでかでかと記載することは、自社の信用を失い原因にもなってしまうことから、成婚率を記載しない結婚相談所が多くなっているのは現状です。

店舗数

店舗数が多い結婚相談所ランキング

会員数、料金設定の次は”店舗数の数”を調査いたしました。結婚相談所を利用する場合、店舗に行く必要があるので、近ければ近いほど利用しやすい環境となります。お住いの地域から店舗が遠くなると、婚活を諦めてしまう原因になってしまうので、できれば近いところで婚活をしたいと思っている方は多いと思います。

結婚相談所の店舗数が多ければ、お住いに地域から近い距離に店舗がある確率が高いことになります。ここでは、大手結婚相談所の店舗数をランキング形式で紹介します!

データマッチング型
  1. ノッツェ 70店舗
  2. ツヴァイ 53店舗
  3. 楽天オーネット 40店舗
仲人型
  1. パートナーエージェント 40店舗
  2. ゼクシィ縁結びカウンター 26店舗
  3. IBJメンバーズ 14店舗

このランキングを見てわかることは、データマッチング型の店舗数が多いこと。店舗数が多いということは、気軽に店舗に通いやすいということなので、店舗数が多いことも、データマッチング型の会員数が多いことにつながっているとも言えます。

次に、大手結婚相談所6社の店舗がどこにあるのか、”立地条件”まとめましたので、参考にしていただけれな幸いです。

データマッチング型
ツヴァイ 53店舗
北海道・東北 サテライト旭川 札幌 盛岡 サテライト 青森サテライト 秋田 仙台 山形 郡山

関東 日比谷本店 八重洲 赤坂 見附 池袋 新宿 立川 町田 横浜 藤沢 千葉 船橋 柏 さいたま レイクタウン 水戸 高崎 宇都宮

北陸・甲信越 長野 松本 甲府 新潟 富山 金沢 サテライト長岡

中部 浜松 岡崎 名古屋 岐阜 四日市

近畿 大阪 難波 京都 草津 奈良 和歌山 神戸 姫路

中国・四国 岡山 サテライト米子 広島 サテライト周南 高松 松山

九州・沖縄 北九州 長崎 大分 熊本 サテライト宮崎 鹿児島 那覇

楽天オーネット 40店舗
北海道 札幌支社 サテライト函館 サテライト旭川 サテライト釧路 サテライト帯広 サテライト北見

東北 盛岡支社 仙台支社 サテライト青森 サテライト秋田 サテライト山形 サテライト郡山

関東 銀座支社 新宿支社 池袋支社 渋谷支社 町田支社 横浜支社 大宮支社 千葉支社 柏支社 宇都宮支社 高崎支社 水戸支社

中部 名古屋支社 岡崎支社 静岡支社 浜松支社 岐阜支社 金沢支社 長野支社 新潟支社 甲府支社

関西 大阪北支社 大阪南支社 京都支社 神戸支社 姫路支社 奈良支社

中国 岡山支社 広島支社 サテライト鳥取 サテライト島根 サテライト山口

四国 徳島支社 高松支社 松山支社 サテライト高知

九州・沖縄 福岡支社 小倉支社 熊本支社 鹿児島支社 沖縄支社 サテライト佐賀 サテライト長崎 サテライト大分 サテライト宮崎

ノッツェ 70店舗
北海道エリア 札幌支店 旭川支店 サテライト室蘭 サテライト函館 サテライト釧路 サテライト帯広 サテライト北見

東北エリア 青森支店 仙台支店 郡山支店 サテライト八戸 サテライト岩手 サテライト石巻 サテライト秋田 サテライト山形 サテライト福島 サテライト白河 サテライトいわき サテライト会津若松 サテライト盛岡

関東エリア 東京新宿本店 千葉支店 横浜支店 大宮支店 宇都宮支店 サテライト土浦 サテライト上野 サテライト秋葉原 サテライト柏

東海エリア 名古屋支店 静岡支店 サテライト浜松 サテライト沼津 サテライト岡崎

甲信越・北陸エリア 長野支店 サテライト新潟 サテライト松本 サテライト金沢 サテライト福井

関西エリア 大阪梅田支店 京都支店 神戸支店 サテライト堺 サテライトなんば サテライト長浜 サテライト豊岡 サテライト姫路 サテライト加古川 サテライト和歌山 サテライト丹波篠山

中国エリア 岡山支店 広島支店 サテライト鳥取 サテライト福山 サテライト下関

四国エリア 高知サロン サテライト松山 サテライト香川 サテライト高松 サテライト徳島

九州・沖縄エリア 福岡支店 鹿児島支店 サテライト北九州 サテライト小倉 サテライト長崎 サテライト熊本 サテライト久留米 サテライト宮崎 サテライト沖縄

仲人型
パートナーエージェント 30店舗
北海道エリア 札幌点

関東エリア 横浜店 千葉店 高崎店 大宮店 船橋店 水戸店

東京エリア 新宿店 銀座店 銀座数寄屋橋店 池袋店 上野店 丸の内店 町田店 八重洲店 渋谷店

中部エリア 名古屋店 岐阜店 岡崎店 静岡店 浜松店

関西エリア 大阪店 なんば店 京都店 神戸店 姫路店 奈良店

中国エリア 広島店

九州エリア 福岡店 北九州店

ゼクシィ縁結びカウンター 26店舗
北海道エリア 札幌店

関東エリア 銀座店 新宿店 池袋メトロポリタン口店 立川店 横浜店 大宮東口店 大宮ソニックシティ店 千葉店 船橋ららぽーと店 サテライト高崎店

東海エリア 静岡店 浜松店 名古屋駅店 栄店

関西エリア 梅田茶屋町店 梅田店 なんば店 京都駅イオンモール店 京都三条鴨川店 神戸店

中国エリア 広島店

九州エリア 博多店 天神店 サテライト熊本店

IBJメンバーズ 14店舗
関東エリア 新宿西口店 新宿南口店 銀座店 有楽町店 東京店 横浜店 上野マルイ店 大宮そごう店

東海エリア 名古屋店

関西エリア 大阪店 なんば店 神戸店 京都店

九州エリア 福岡店

店舗の立地条件を確認してわかることは、店舗数が多くても地方には店舗がないところがあることです。東京、大阪、名古屋、福岡に店舗が多く、そのほかの地域では、バラついてあるところとないところがあります。

特に、仲人型の結婚相談所に関しては、少ない店舗数でありながら東京に集中して多いのです。これは、地方の方は利用しにくいかもしれません。最悪、隣県に通うことになる方も出てきます。

仲人型の場合、ネットでの婚活ではなく、主にスタッフと対面して婚活を行うスタイルになるので、通う回数が多くなるので、できれば近くに結婚相談所の店舗があって欲しいところですね。

データマッチング型に関しては、ネットで婚活することができるので、仲人型よりも店舗へ通う回数が少なく、気軽に婚活できるスタイルということがわかります。しかも、データマッチング型は、店舗数も多いので、もしも、店舗に通うことになっても、それほど困ることがないことが魅力です。

「ハイブリッド型」の結婚相談所 ※要チェック!

ここまで「データマッチング型」「仲人型」と2つに分けて紹介してきましたが、実はデータマッチング型と仲人型をミックスさせた結婚相談所「ハイブリッド型」が存在するのです!この記事で紹介している結婚相談所6社の中にもハイブリッド型が隠れています。

ハイブリッド型3社
  • ツヴァイ
  • パートナーエージェント
  • IBJメンバーズ

上記の3社はハイブリッド型の結婚相談所でデータマッチングの手軽さと、仲人型の手厚いサポート体制という両方のシステムを兼ね備えた結婚相談所なのです。ハイブリッド型であれば両方のサービスを利用できるので、スマホで相手を探しながら、スタッフに紹介してもらったお相手とお見合いをすることもできるのです。

自分から積極的に婚活しつつ、スタッフにも相手を探してもらうことができるので「出会うこと」に関しては”忙しくなるくらい”出会える可能性が高まります。

ハイブリッド型が存在しているということは「完全データマッチング型」「完全仲人型」は存在しているのか?ということになりますよね。もちろん、完全に特化している結婚相談所も存在します。

完全データマッチング型
  • オーネット
  • ノッツエ
完全仲人型
ゼクシィ縁結びカウンター

ハイブリッド型、完全データマッチング型、完全仲人型の3つに分けると上記のようになります。意外とハイブリッド型の結婚相談所が多く、スマホを利用している方が多くなっていることから、ネットで婚活する方法が主流になっていることがわかります。

料金を比較した際、ゼクシィ縁結びカウンターの料金が仲人型の中でも安く設定されていることがわかりましたが、ハイブリッド型ような多岐に渡ってサービスの提供を行なっていないため、料金が低く設定されていると思われます。

オーネットとノッツェの2社は完全データマッチング型ですので、自分の積極性に自信がある方に向いている結婚相談所と言えます。

さやか
ハイブリッド型の結婚相談所の存在は知らなかった、というかツヴァイとかの結婚相談所自体は知っていたけど、仲人型も兼ねていることは知らなかった。
まゆ
パートナーエージェントも仲人型のイメージが強いけど、実はスマホでも検索できるシステムがあるんだ!
りさ
お見合いするよりもスマホで検索するタイプの方が需要が高いのかもしれないね。
まゆ
スマホの方が気軽さはあるけど、お見合い形式で出会うことができるんだったら、ハイブリッド型で婚活した方がお得感がありそう。
さやか
お得感はあるけど、全てのサービスを利用できるのかな?
りさ
時間に余裕がある人ならハイブリッド型をフル活用できるかもだけど、時間に余裕がない人は婚活で忙しくなってしまうかもしれないね。
まゆ
こうやって細かく3つに分類することで、より自分に合った結婚相談所がわかりやすくなったよ!
りさ
自分の積極性に自信がある人は「データマッチング型」、消極的でサポートが必要な人は「仲人型」、どちらのサービスも利用したい人、時間に余裕がある人は「ハイブリッド型」と自分のタイプによって、選ぶ結婚相談所のタイプも変わってくるってことだね。
さやか
私は仲人型が向いていそう。
りさ
確かに、さやかちゃんは仲人型が向いていそうだね!自分に合っているか不安な場合、ハイブリッド型で両方のサービスを利用してみるのみアリかもね!

ハイブリッド型の存在によって、より結婚相談所を細分化することができます。細分化したことで自分に合っている結婚相談所がこの記事内で紹介している6社の場合、どこなのかがある程度わかってきたかと思います。

自分に合った結婚相談所を絞ることができたら、あとは、その結婚相談所の情報を集めることが重要になってきます。

結婚相談所6社の比較ランキング

ここまで大手結婚相談所6社の会員数、料金設定、店舗数を比較しました。自分の婚活スタイルが、

  • データマッチング型なのか
  • 仲人型なのか
  • ハイブリッド型なのか

この3つのどちらかがわかれば、あとは自分にあった婚活スタイルで婚活できる環境で婚活するのみです。しかし、待ってください。気になる結婚相談所を絞ったとしても、もっと情報が欲しいですよね?

いきなり店舗に行くのも勇気がいるものです。そこで、まずは資料を集めることをお勧めします。ここでは、今まで紹介してきた結婚相談所をまとめさせていただきましたので、最後にもう一度比較して、資料を集める結婚相談所を絞ることをお勧めします。

「データマッチング型」結婚相談所ランキング

1位 ツヴァイ

初期費用 月額費 成婚料
95,000円(税抜) 10,500円(税抜)※紹介人数によって変動 0円
休会費用 会員数 男女比
月会費のうち、情報提供料は発生しない。 29,236名 ※2018年2月20日現在。  ♂50.2:♀49.8

※「パーソナルサポートスタンダード」の場合

グッドポイント
  • イオングループが運営している安心感
  • 出会いの演出が多彩
  • 男女比のバランスが良い
  • 割引プランが多い
ウィークポイント
  • 年収、学歴で相手を選べない(内面重視と捉えればグッドポイント)
  • スマホ相手の情報を細かく知ることができない
  • 顔写真を確認するには店舗へ行く必要がある(公開許可している会員のみマイページから閲覧可能)

2位 楽天オーネット

初期費用 月額費 成婚料
106,000円(税抜) 13,900円(税抜) 0円
休会費用 会員数 男女比
500円(税抜) 49,790名 ※2018年10月1日現在。  ♂55.4♀44.6

※「プレミアムプラン」の場合

グッドポイント
  • 楽天が運営している安心感
  • 会員数が多い
  • 気軽に婚活できる(マイペースでOK)
ウィークポイント
  • 消極的な人には不利(積極的な人向け)
  • 会員数が多いため、ライバルも多くなる
  • サポート面では期待できない(コスト削減のため)

3位 ノッツェ

初期費用 月額費 成婚料
77,500円(税抜) 19,500円(税抜) 108,000円
休会費用 会員数 男女比
特別休会のみ休会費不要 非公開  ♂60♀40

※「お見合いアシストコース」の場合

グッドポイント
  • 店舗数が多く通いやすい
  • プロフィール写真を公開している会員が多い
ウィークポイント
  • 会員数が未知数
  • 会員の身元が明確ではない(表記がルーズ)
  • 資料請求後の勧誘がしつこい(電話を何度もかけてくる)
  • 月会費が高い

「仲人型」結婚相談所ランキング

1位 パートナーエージェント

初期費用 月額費 成婚料
125,000円(税抜) 13,000円(税抜) 50,000円
休会費用 会員数 男女比
5,400円(税抜) 24,429名 ※2018年12月現在  ♂44.2♀55.8

※「コンシェルジュコース」の場合

グッドポイント
  • サポート体制が充実している
  • コンシェルジュの教育過程がシビア(サポート力向上)
  • 専任のコンシェルジュが付く
ウィークポイント
  • 時には厳しいことを言われる
  • 休会時の月額費が高い
  • 料金が高め

2位 ゼクシィ縁結びカウンター

初期費用 月額費 成婚料
30,000円(税抜) 16,000円(税抜) 0円
休会費用 会員数 男女比
1,000円(税抜) 23,400名  ♂40♀60

※「スタンダードプラン」の場合

グッドポイント
  • ゼクシィというブランド力
  • 仲人型としては料金が安い(若い方でも利用しやすい、成婚料が0円)
  • コネクトシップでパートナーエージェントと提携している
ウィークポイント
  • 料金が低い分、会員の本気度が低い傾向がある
  • 40代〜50代の会員が少ないため、不利になる
  • プロフィールの情報量が少ない

3位 IBJメンバーズ

初期費用 月額費 成婚料
220,000円(税抜) 15,000円(税抜) 200,000円
休会費用 会員数 男女比
0円(交際中の休会不可) 約60,000名  ♂41♀59

※「エントリーコース」の場合

グッドポイント
  • 日本結婚相談所連盟という強み
  • 加盟店が多いので、紹介される会員の幅が広い
  • ハイステータス男性が在籍している
ウィークポイント
  • 料金設定が高い
  • IBJとしての店舗数が少ない
  • 入会審査が厳しい(厳しいからこそ、会員の質が高くなる)