【簡単】涙袋メイクのやり方とその効果|あなたの目元をもっと魅力的に

男性にモテるメイク術

あなたはメイクにどのようなこだわりを持っていますか?いつもと同じメイクばかりでは、さすがに飽きてしまいます。気分によってメイクを変えることも時には大切ですね。メイクの中でもやはり顔全体の印象を大きく変えるのが、アイメイクです。今回は、このところ話題の涙袋メイク、そのやり方と効果についてお話していきたいと思います。

まゆ
これまで涙袋メイクにチャレンジしたことのない方も、ぜひデイリーメイクに取り入れてみてくださいね。

涙袋があるとどうしてかわいく見えるの?

例えば芸能人で言うと、佐々木希や、石原さとみの目元を思い浮かべてください。彼女たちの目には涙袋があります。涙袋というのは、目の下のふくらみの部分のことですが、これはある人とない人がいますよね。涙袋がある人たちは、ない人たちより目元の印象が強いです。

一般的には涙袋があると「可愛い」と思われている部分があり、近年では涙袋を整形手術で人工的に作ってしまうなんていう、強硬手段もあるほどです。

涙袋があることによって、目がぱっちりしているように見えます。そして目元に凹凸ができることによって、顔全体の印象がややハッキリ、というか派手に見えるのも特徴です。派手というと言い方が悪いですね。どちらかというと、華やかな目元、というのが正しいかもしれません。女性らしい、可愛らしい印象になるという効果もあります。

とにかく、涙袋がない人にとっては、これをどうにかして「あるように」見せたいというのが願いです。これにより、いわゆる涙袋メイクというものが流行しているのです。

涙袋メイクの基本のやり方

さて、それでは、涙袋をメイクで作る「涙袋メイク」の基本のやり方を紹介しましょう。これまでチャレンジしたことがない方も、ぜひこの基本のやり方を参考にチャレンジしてみてくださいね。

用意するもの

涙袋メイクに特に必要なものと言えば、大したアイテムではありませんが、下記のものが揃っている必要があります。おそらく皆さんのコスメボックスにもあるものばかりだと思いますが、念のためここで紹介しておきますね。

  1. さりげないパールが入ったベージュのアイシャドウ
  2. 薄いブラウンのリキッドアイライナーもしくはリキッドアイブロウ

この二点が必要になります。

薄いブラウンのリキッドアイライナーもしくはアイブロウの部分は、アイシャドウでもOKなのですが、リキッドライナーを使用した方が初心者さんには特に失敗がないかと思いますので、ここでは一旦アイシャドウとは書いていません。

【ステップ①】涙袋の幅を決める

涙袋の幅を決めるのは非常に重要なポイントです。なぜかというと、ここで目に合った幅を決めなければ、どうしても見え方が不自然に仕上がってしまうからです。

初めはあまり幅を思い切って大きく取らずに、控えめに始めると良いでしょう。鏡を見ながら、涙袋の下のラインをどのあたりに持ってくるか、イメージしながら決めていきましょう。

【ステップ②】涙袋の下のラインをリキッドライナーで書く

涙袋の幅を決めたら、いよいよここで、ラインを引きます。このラインが一番重要です。濃すぎても薄すぎてもよくありません。何度もなぞったりせずに、一発で決めましょう。涙袋を作りたい場所の下をラインで引くことによって、形をバッチリ決めてしまうわけです。

このとき使うリキッドライナーは、とにかく薄付きのものにしましょう。ライトブラウンのような色味を使い、きっちりアイライナーを引くときに使うような濃いめの色は絶対にNGです。あくまでも薄い色、それでいてリキッドライナーであることが大切です。

【ステップ③】書いたラインをぼかす

一度ラインをスッと書いてしまったら、今度は書いたラインをぼかします。リキッドライナーはあまりこすってもにじまないようになっていますので、この行程はとにかく早く即座にやりましょう。

まゆ
書いたらすぐにぼかす、これに限ります。

これにより、「いかにも書きました!」風のラインでなく、もともとそこにラインがうっすらあったような、そんな自然な仕上がりに近づけることができます。

涙袋メイクのポイントは、とにかく「やり過ぎないこと」です。わざとらしく涙袋メイクをしてしまうくらいなら、もともとしないほうが良いというくらい、やり過ぎ厳禁です。自然に、なるべく自然に仕上げることに集中しましょう。

ただ、ぼかす段階で、あまりにも広い範囲にぼかしすぎてしまうと、今度は「ただのクマ」のように見えてしまい兼ねません。ぼかす際には綿棒などの細いものを使い、範囲を広げすぎないように少しずつ少しずつぼかすことです。

関連記事涙袋メイクがクマに見える!失敗を防ぐために気を付けるべき5つのこと

【ステップ④】涙袋にしたい部分にパールのシャドウをのせる

ラインを作ってしまったら、あとは、涙袋の部分にシャドウをのせるだけです。パールの入ったものを使うとより綺麗に仕上がるのでおすすめです。ですが、ここで気を付けたいのは、「ラメ入り」のものを選ばないことです。ラメとパールの違いはお分かりでしょうか。ラメはもっと粒子が大きく目立つものです。

パールは粒子が細かく、光の加減でキラキラ光る、ごく自然な範囲のものです。これを間違わないようにしてください。

シャドウののせ方はとっても簡単です。涙袋を作る位置は、ラインを引いた段階で決まっています。その範囲にシャドウをポンポンとのせていくだけです。そうすることによって、本物の涙袋のように、その部分がぷっくりしているように見えます。

以上が涙袋メイクの基本のやり方です。要はラインを決めてシャドウをのせる、それだけで初めから涙袋があるような、そんな目元を演出することができるのです!

涙袋があると男ウケも良くなる効果あり!

涙袋メイクにより、涙袋を作り出すことで、一体どのような効果があるのでしょう。皆さんがメイクにこだわるのは、もちろん魅力的な自分になりたいからですよね。そしてその多くが「男性に可愛いと思われたい!」という思いからなのではないでしょうか。それもそのはず、意中の男性もしくは恋人に可愛く見られたいというのは、世の女性の多くが願うことです。

まゆ
言わばとても自然な願望なのです。

ご安心ください。涙袋メイクは男性ウケもばっちりです。よく考えてみてください。男性が好きな女性芸能人やモデルたちの目元には、ほぼ涙袋があるのです。男性側はこの真実に気づいていません。涙袋があるかないかなんて気にもしていないのです。ですが、無意識のうちに涙袋のある女性に惹かれているということは、それだけ男性にとっても涙袋のある目元は魅力的だという証拠です。

皆さんも、メイクで涙袋を作って意中の男性に「可愛い!」と思ってもらえるように頑張りましょうね!

まとめ

今流行りの涙袋メイクの基本のやり方、そしてその効果についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。これまで、涙袋など全く意識していなかった方も多いかもしれません。ですが、いつものアイメイクにこの涙袋メイクを加えることで、一気に可愛さが倍増するのなら、やってみる価値は大いにありますよね。

男性は、女性の瞳に惹かれることが多いです。初対面の印象で、男性が女性に好意を持つという場合、そのほとんどが「瞳が綺麗だった」という理由なのです。裏を返せば、アイメイクにこだわればこだわるほど、男性の心をGETできる確率もUPするということですね。

ぜひ、涙袋メイクをあなたのメイクテクニックに加えてください!きっとその効果は絶大ですよ!

The following two tabs change content below.

まゆ / 元ブライダルプランナー

ブライダル関連のお仕事の経験があり、数々の結婚式をプロデュースしてきました。「結婚式」という関連から婚活、メイクにも詳しくなり、記事にさせていただいております。”結婚式関連”のことならお任せください!海外旅行が好きで、英語が得意です。