ナチュラルメイクにおすすめのアイシャドウの入れ方

男性にモテるメイク術

アイメイクはとても重要です。なぜなら、人の第一印象というのはほぼ「目」の印象で決まるからです。初対面の人に対して、好感を持ったり、美人だなと思う場合は、その人の目に引き込まれているからなのです。

というわけで、とても重要な目の部分をいかにして魅力的に見せるかということについて今回は考えていきたいと思います。そしてこだわるポイントとしては「ナチュラルメイク」という点です。

いかにしてナチュラルかつ魅力的な目に見せるか、ここでおすすめするテクニックをしっかりと学んでいただければと思います!

アイメイクをナチュラルに見せるための3原則

アイメイクで自分を魅力的に見せようと思うと、どうしてもついついメイクがしっかりメイクになりがちですよね。濃いメイクをしないと魅力的な目元を演出できないと思い込んでいる人たちが割と多いのですが、実際はそうではありません。

むしろ、ナチュラルメイクこそ本来のあなたの瞳を、さりげなくより美しく見せることができる方法なのです。

【その①】リキッドタイプのアイライナーを使わない

アイメイクを普段からしっかりするタイプの女性にとって、恐らく一番のポイントとも言えるのがアイラインではないでしょうか。アイラインを綺麗に引くことによって、「よし!決まった!」的な達成感を感じる女性も多いはずです。

ですが、ナチュラルメイクとなると、そのやり方ではいけません。リキッドタイプのアイライナーは使わないようにしましょう。ではどうするのかというと、アイシャドウパウダーでぼかしながら入れていくのです。ラインというよりはアイシャドウの一部ですが、少し濃いめの色を持ってくることによって、かなり印象は変わります。

アイラインを引きなれている人にとっては、パウダーでのアイラインは少し物足りないかもしれませんが、意外にもこれくらいの方が自然で素敵だと思われることが多いです。

【その②】アイシャドウの色味を肌のベースの色に合わせて選ぶ

アイシャドウは色味のチョイスがとても重要です。これは一概に「何色が良い」ということではなく、その人に合った色味をチョイスしなければならないのです。特にナチュラルに見せようと思うと、このカラーのチョイスは間違ってはいけません。

ご自身のお肌の色味について、皆さんはどこまで理解していますか?イエローベースとか、ブルーベースという言葉を耳にしたことがきっと皆さんもあると思うのですが、ご自身がどちらにあてはまるかはご存知でしょうか。これは変わることのないものですので、一度しっかり把握しておくことをおすすめします。

ブルーベース
手首の血管を見てみた時に、青色に見える人。日焼けをしにくく、日に当たっても真っ赤になって白く戻るタイプのお肌です。
イエローベース
手首の血管を見てみた時に、緑色に見える人。メラニン色素が多く日焼けをしたらぐんぐん吸収するタイプのお肌です。

上記の説明はごくごくシンプルにしたもので、正確な診断は化粧品コーナーの美容部員の人たちに聞いてみると簡単にできます。体質のようなもので、変わることがないものなので一度診断してもらっておくと良いでしょう。

  • ブルーベースの方にはピンクや赤色よりのブラウン
  • イエローベースの方にはオレンジやイエローよりのブラウン

が肌になじみます。

まゆ
ここを間違うことのないように色味を選んでいくと良いですよ!

【その③】マスカラは控えめに

そもそも、アイメイクと言えばまつ毛です。まつエクつけまなど、思いっきりまつ毛を主張するメイクも多いですよね。ですが、ナチュラルメイクにおいてはあまりこれもおすすめできません。

どうしてもまつ毛を極端に濃くしたり長くしたりすることで、ナチュラルな印象からは離れていってしまうからです。

ですが、何もしてはいけないということではありません。マスカラを使用して普段のまつ毛よりも少し長さを足したり、濃さを足したりすることで、ちょうどいい存在感のまつ毛にすることができます。何事もやり過ぎると良くありませんから、控えめにすることが大切です。

ナチュラルメイクでも素敵に見せられるアイシャドウの入れ方

それでは、ナチュラルメイクでも十分に自分を魅力的に見せることができるとは言っても、どうすれば良いかいまいちピンとこないという人たちのために、ナチュラルメイクでも素敵に目元を演出するテクニックについて3つ紹介しておきたいと思います。

もちろん、あくまでもナチュラルメイクにこだわっていますので、「いかにも化粧しています」というような仕上がりにはしません。目標は「ナチュラルだけどなんだか引き込まれるような瞳」を作ることです。

まゆ
この3つのテクニックを使って、あなたの目元もナチュラルかつ素敵に仕上げてみましょう!

【テクニック①】ハイライトを使って、まぶたを明るく見せる

ハイライトと言うと、キラキラしたラメの入ったものを想像するかもしれませんが、ここで使用するハイライトはそうではありません。アイシャドウのカラーパレットに必ずと言っていいほど含まれている一番明るい色味を使用してください。ここで重要なのは、キラキラしすぎない色を使用することです。

入れる範囲は、まぶたの上の方から眉毛の下までです。これを入れることによって、顔全体に奥行きが生まれます。ナチュラルメイクでも、ハイライトは必ず入れるようにしましょう。

【テクニック②】グラデーションにすることで自然な印象に

先ほど色味の選択が大切であるという点はお伝えしましたが、入れ方も非常に大切です。グラデーションにすること、それも色の境目の分からないような、自然なグラデーションにするのが良いでしょう。

入れ方としては目元の際の部分に一番濃いめのシャドウを入れ、そこから眉毛の下のハイライトにかけて、徐々に薄くなっていくように色を変えていくのです。

最終的に全てをブレンドしてぼかしていくことで、綺麗なグラデーションが出来上がります。ブラウン系のシャドウのグラデーションは、ナチュラルメイクに欠かせないテクニックです。

まゆ
まずはここから練習しましょう!

【テクニック③】下まぶたにひと手間かけることでより魅力的に

下まぶたはあまり重要視されない部分ではあるのですが、案外イメージを大きく左右するところでもあります。ナチュラルメイクに至っては、下まぶたにハッキリとラインを引くなんてことはNGです。ですが、アイシャドウを下まぶたにも施してあげることで、とても明るく印象的な目元にすることができます。

涙袋の部分にハイライトと同じ色を軽く乗せておきましょう。そしてさらに目に近いキワの部分には、上まぶたに使用した色のうち、濃さは中間くらいのものを選び、アイラインを引くような感じで軽く乗せてみましょう。これにより目の印象がよりハッキリします。それでいてナチュラルなので印象もバッチリです。

まとめ

ナチュラルに見せるために、メイクを控えめにするというのは必ずしも正しくはありません。なぜなら、ナチュラルメイクは意外にもたくさんのステップを重ねていくものですし、その結果「自然だけれど、美しい目元」を演出できるものなのです。割と手が込んでいるのですが、慣れるととても簡単ですよ。

ぜひ皆さんもこのやり方を参考にして、ナチュラルアイメイクに挑戦してみてくださいね。きっといつもとはちょっと違う、あたらしい自分を見つけることができるでしょう!

The following two tabs change content below.

まゆ / 元ブライダルプランナー

ブライダル関連のお仕事の経験があり、数々の結婚式をプロデュースしてきました。「結婚式」という関連から婚活、メイクにも詳しくなり、記事にさせていただいております。”結婚式関連”のことならお任せください!海外旅行が好きで、英語が得意です。