【30代向け!】一重まぶたの女性にピッタリのナチュラルメイク

男性にモテるメイク術

メイクをするときに、一重まぶたの方はきっと「ぱっちり二重まぶただったら良かったなぁ・・」と思うことが多いのではないでしょうか。くっきりとした二重の目元に憧れる女性はたくさんいます。ですが、一重まぶたでも二重まぶたに負けない、魅力的な目元を作ることができるのです。

今回は、ナチュラルメイクをテーマに、一重まぶたに悩む30代女性必見のメイクテクニックについて書かせていただきたいと思います。

まゆ
ぜひ普段のメイクから参考にしていただければ幸いです。

ナチュラルメイクをおすすめする理由

まず、本題に入る前になぜここで「ナチュラルメイク」をおすすめするのかという点について少し説明させていただきます。30代女性にとって、何よりも大切なのは「素肌の調子を整えること」です。つまり美肌をキープすることに勝ることはないのです。なぜかというと、素肌が綺麗であればとくにメイクは重要ではなくなるからです。

年齢とともにどうしても衰えていくスキンコンディションですが、日頃のお手入れによって改善はできます。ですが、スキンケアよりもさらに気を付けたいのが、普段のメイクによる肌へのダメージです。ナチュラルメイクはシンプルなメイク法ですから、バッチリメイクと比べると断然肌へのダメージが軽減されます。メイクは毎日するものですから、普段のメイクの仕方によって、肌への影響は絶大です。

まゆ
だからこそ、ナチュラルメイクがおすすめなのです。

一重まぶたでも目元を魅力的に印象づけるナチュラルメイクのコツ

それでは、ナチュラルメイクであっても、目元を印象付けるメイクとは一体どのようなメイクなのでしょう。30代女性にとって、目元のスキンケアはとても重要です。ですが、だからと言ってアイメイクを控えめにしすぎると、一重まぶたの方はどうしても「何か目元の印象が物足りない」と感じるのではないでしょうか。

そこで、一重まぶたの女性におすすめしたい、ナチュラルメイクのコツをお伝えしていきたいと思います。簡単なことばかりですので、ぜひ普段のアイメイクに取り入れてくださいね。

アイシャドウの入れ方

ナチュラルメイクにおすすめなのが、ブラウン系のアイシャドウです。あまり濃いものではなく、ベージュ寄りの薄いブラウンから、ほどよくグラデーションで濃くなってくブラウンくらいの色味で十分です。濃いアイシャドウを目にのせると、逆に目を小さく見せてしまいます。イメージとしては、切れ長の瞳を際立たせるようなメイクが一重まぶたには良く合います。

  1. アイホール全体にベージュ系(少しラメが入ったもので派手すぎないものがおすすめ)を広く入れます。
  2. 目の際から1センチくらいの幅で先ほど使ったものより濃いめのブラウンを重ねます。
  3. 最後に目尻付近から少し外側にオーバーするようにに②よりも濃いめのブラウンを重ます。
こうすることによって、綺麗なグラデーションが出来上がります。一重まぶたの場合、目の中央部分はどうしても目を開けているとあまり目立たず、意味がないように感じるかもしれません。ですが、案外目を伏せた時の印象は大切です。少し下を向いたときに綺麗なグラデーションのまぶたが見えるようになっているので、さりげなく魅力的な目元を演出することができるのです。

関連記事:ナチュラルメイクにおすすめのアイシャドウの入れ方

アイラインは注意が必要

アイメイクの中でもアイラインはとても重要です。目立ちますし、目元の印象を大きく変えるのがアイラインです。一重まぶたの場合には、このアイラインをどう入れるかによって、メイクの仕上がりが特に変わってきます。

リキッドアイライナーを使う場合

リキッドアイライナーは、アイラインの中でも一番くっきりはっきりしたラインを作ることができるアイテムです。ナチュラルメイクにおいてはあまり主張しすぎるアイラインは必要ありませんが、それでもリキッドアイライナーを上手く使う方法はあります。

まず、ブラックよりもブラウンを選びましょう。ブラウンは、さきほどのアイシャドウともよくなじみますし、仕上がりがブラックよりもかなりナチュラルになります。

リキッドアイライナーを使用する場合は、ブラウンを使用してとにかく細く書くことが必須です。一重まぶたの場合はアイラインも隠れてしまう部分が多いです。目尻の部分だけやや太めになるように書くと良いでしょう。

ペンシルアイライナーを使う場合

ペンシルアイライナーは、リキッドアイライナーと比べると断然自然な印象です。ナチュラルメイクにはどちらかというと、ペンシルアイライナーがおすすめです。アイシャドウと上手くなじみますし、仕上がりがとてもナチュラルです。

使い方はごくシンプルです。目頭から目尻まで、目の一番キワの部分にまつ毛の隙間を埋めるように書いていきましょう。そして、目尻からややはみ出す形で書くのが目を大きく見せるコツですが、やり過ぎないようにしましょう。

まつ毛は自然が一番!

一重まぶたの方には、あまり目立ちすぎるつけまつ毛やまつエクは向いていません。これらを使用すると、せっかく綺麗にアイシャドウとアイライナーで仕上げた目元の印象が逆に弱くなってしまい、さらにまつ毛のインパクトに負けて、目自体が小さく見えてしまいます。

まゆ
これではメイクの意味がありません。

ナチュラルなアイメイクを引き立てるような、さりげないまつ毛が一番なのです。ですからここはまず、自分のまつ毛で勝負しましょう!

ビューラーでカールを作ったら、軽くマスカラをつけるだけでOKです。まつ毛を長く濃く太く見せようとする必要はありません。目指すべきは「自然な目元」ですからね。

一重まぶたの女性が一番気を付けなければならないこと

一重まぶたの女性は、一重まぶたにコンプレックスを持っていることが多く、二重に見せようとアイプチを使ったり、とにかく目元を目立たせるためにアイラインをくっきり、囲むように書いたりすることがよく見られます。ですが、これらの方法は結果的に「目をより小さく見せてしまう」ということに繋がってしまいます。一重まぶたには一重まぶたの良さがあります。自分の目の形自体を変えてしまおうとするのではなく、その一重の目元を活かしたメイクをするようにしましょう。

特に、ナチュラルメイクにおいては厚化粧はNGです。目を大きく見せようと、何度も何度もアイシャドウを塗り重ねたり、アイラインを太く書いたりするのはやめておきましょう。「やればやるほど、仕上がりが悪くなっていく」と覚えておくと良いでしょう。何よりも、お肌にとって負担が大きいですし、見た目にもよくありません。

一重まぶたでも魅力的な女性はたくさんいます。

  • 黒木メイサ
  • 小雪
  • 永作博美
  • 吉高由里子

など、数々の芸能人を挙げることができます。”二重が美人の条件ではない”ということをまず理解し、一重まぶたの自分に自信を持つことが大切です。

まとめ

ナチュラルメイクは肌にも優しく、見た目にも柔らかい印象を与える、素敵なメイク法です。一重まぶたの女性は、「一重だし、ナチュラルメイクだと物足りないような気がする」と感じることもあるかもしれませんが、そんなことはありません。ナチュラルメイクこそが、あなたの魅力を引き出し、自然の美しさを引き出してくれる最適のメイク法なのです。

特に、30代女性にはお肌へのダメージもしっかり考慮していただきたいところです。肌に負担をかけるバッチリメイクは卒業しましょう。ナチュラルメイクで、あなたの魅力を十分に発揮することができることを理解しましょう。