職場の好きな人が相手が既婚者!「不倫関係」になってしまっている

恋愛【まとめ】

職場恋愛はよくあることですが、職場不倫も少なくありません。不倫はよくないことですが、既婚者を好きになってしまったとすれば、そこからどう行動すればよいか分からなくなってしまいますよね。

りさ
今回は、職場に好きな人がいて、相手が既婚者の場合に考えるべき5つのことについてお話しします。

その1:好きになったこと自体は罪ではない!

職場に好きな人がいて、その好きな人が既婚者であることがわかっている状況はとても辛いもの。この上曲でハッピーな気持ちになるはずはありません。こういう時に、人はどうしても自分を責めてしまいがち。「既婚者とわかっていながらどうして好きになってしまったんだろう!」と思ってしまう気持ちはわかりますが、ここで自分を責めても何にもなりません。

人を好きになること自体は、悪いことではありません。むしろ素晴らしいことですよね。好きになった相手が既婚者であったとしても、そのこと自体を否定するのはやめましょう。

大切なのは、これからどう対処していくか、これに尽きます。

その2:彼はあなたのことをどう思っているのかを考える

職場の既婚者を好きになったとして、相手の彼はあなたのことをどう思っているかを考えてみましょう。あなたの恋心に気付いていそうですか?それとも何も知らないように見えますか?もしくは彼もあなたに好意を抱いているように見えますか?

既婚者である彼を好きになってしまった場合、あなたの恋心を知った彼が、あなたの好意を利用して不倫関係に持ち込むというケースは大いに考えられます。ですが、

これではあなたの欲しい幸せはきっと手に入りません。

彼があなたの気持ちに気づいていない、もしくは気づいているけれど興味がなさそう、という場合はこれ以上あからさまなアプローチは避けたほうがいいと言えるでしょう。

その3:彼と不倫関係になった場合のリスクを考える

冷静に考えてみてください。あなたの好きな人は既婚者です。彼と男女の関係になれば、それはいわゆる「不倫関係」ですよね。こうなってしまった場合にどうなるのかを考えてみましょう。

まず、彼はあなたのことを好きでいてくれているものの、奥さんと離婚をするなどは一切考えていない、というパターンが最も可能性としては高いでしょう。こうなると、恋愛関係に発展したところで、待っているのは無限のループです。

つまり、あなたは彼のことが好きだから関係を終わらせられない、そして彼の方も結婚生活を守りながら火遊びができるという状況なので特に困ることもありません。

ただ、これが会社に知られてしまったとしたらどうでしょう。彼は今の地位を奪われ、あなたは部署を異動させられるもしくは退職に追い込まれることになるでしょう。こんな風になってしまってはいいことは一つもありません。さらには相手の家族に知られ、最悪の場合慰謝料を請求される羽目になる可能性もあるのです。

ここまでのリスクを考えた上で、彼へのアプローチを考えなくてはなりません。

その4:彼の奥さんの気持ちを考える

職場の好きな人が既婚者であるとして、その奥さんの気持ちを考えることはあまりしないかもしれません。というのも、あなたは普段彼の「夫としての姿」や「父親としての姿」を目にすることがないからです。当然と言えば当然なのですが、現実にしっかり目を向けることも大切です。

あなたの好きな人は、毎日奥さんの待つ家に帰り、そして毎朝奥さんに見送られながら出社しているわけです。彼に子供がいるなら尚更です。休みの日には子供の相手をして、「良い父親」としての役割をしっかり果たしていることでしょう。

あなたの好きな人は、すでに人のものなのです。

彼をあなたが独占しようとすれば、傷つく人がいます。彼の奥さんのこと、子供のことまでしっかり考えてください。そうすれば、彼に対する気持ちが変わってくるかもしれません。

その5:彼の何が好きなのかを考えてみる

職場で既婚者を好きになるパターンは比較的多いのですが、その中でも「仕事ができて大人な雰囲気だからかっこいいと思った」というきっかけが非常に多いのが特徴です。つまり、相手を男性として魅力的だと思うのではなく、仕事のできるビジネスマンであることに魅力を感じるというところからのスタートですね。

憧れる気持ちと恋愛感情は非常に深いつながりがあり、相手に対する感情が「憧れ」なのか「恋愛感情」なのかがはっきり区別できずに、自分自身でそれを恋愛感情だと決めつけてしまうことは少なくありません。

彼が会社の同僚もしくは上司や先輩後輩でなくて、全く別の場所で知り合った相手だとしても、あなたは彼のことを好きになると言いきれますか?

職場の既婚者と不倫関係になってしまっているあなたへ

ここからは、すでに会社の好きな人(既婚者)とあなたが不倫関係になってしまっている場合についてのお話です。あなたはこれから相手の彼とどうなっていきたいですか?

耳の痛い話ばかりをしてしまいましたが、ここからは客観的に不倫関係の行き着く先に目を向けてみたいと思います。

不倫だからこそ楽しいと思うなら危険!

不倫している女性の中には、「不倫だから楽でいい」「不倫だからこそ楽しめる」などと思う人も少なくありません。確かに、不倫は「いけないことをしている」という気持ちが逆に二人の関係を盛り上げがちですし、将来進むべき方向について考える必要もないため、気楽と言えば気楽です。

ただし、女性であるあなたにとっては、この先恋愛をして結婚し、家庭を持つという人生観があるのではないでしょうか。今の貴重な時間を既婚の彼に費やすことが、未来のあなたを激しく後悔させてしまう恐れは大いにあります。

彼にとってはデメリットがない関係である

不倫関係は、彼にとってはデメリットがないもの。失うものは何もなく、得るものが多くなる不倫関係は、彼の方から終わりにしたいと思う理由がそもそもありません。不倫関係は何年にもわたり続くことが多いですが、それは、男性側にデメリットがないからです。逆に、女性であるあなたにとってはデメリットがたくさんあります。この不公平な関係についても、客観的にみる必要がありますね。

彼が離婚してあなたと結婚する未来を信じるならやるべきこと

辛口コメントばかりですが、実際には、不倫関係から略奪結婚を叶えているケースもあります。このようなケースにおいては、彼が奥さんよりも不倫相手を選び不倫相手と一緒になるために全てを捨てる覚悟ができていたということです。あなたがもしも彼と一緒になる未来を目指しているのだとしたら、やるべきことが2つあります。

その① 彼が離婚をほのめかしているなら期限を設けそれ以上待たないと宣言

よくあるケースとして、「彼が奥さんと離婚すると言ってくれてるから、それを待ってるの」という状況。不倫をする男性は、このように「離婚をほのめかす」ことで相手の女性を繋ぎ止めておくテクニックを知っています。実際に離婚してあなたと一緒になるというのなら、それは一体いつの話なのでしょう。

一度しっかりと向き合い話をして、具体的な期限を決めましょう。そして、それ以上は待たないということをはっきり彼に伝えておくのが賢明です。

その② 彼が離婚をして二人が結婚しても周りの理解は得られないことを覚悟する

略奪愛で彼を自分のものにしたとして、二人はハッピーになれるかもしれませんが、周りはどうでしょうか。不倫というのはどうしてもイメージがよくないために、不倫の末に略奪結婚となれば周りからの見え方は良くありません。

あなたの家族や彼の家族、職場の仲間や友人など、あなたの大切な人たちが冷たい視線を向けるかもしれません。時間が経てば周囲の理解が得られることは多いですが、初めはきっと大変なこともあるでしょう。そのような状況でも二人で力を合わせて乗り越えていく、強い覚悟が必要です。

次のページでは「職場において不倫関係が生まれやすい理由と対処法」を紹介しています。

The following two tabs change content below.

りさ / 婚活マニア

幾多の婚活にチャレンジして、結局は合コンで知り合った男性と結婚した「元」婚活女子です。結婚相談所、婚活パーティーでの婚活経験豊富で婚活中にメイク術も向上しました。