好きな人は既婚者…!彼があなたのために離婚すると言ったら?

恋愛【まとめ】

好きになってしまった人が実は既婚者だったと判明した場合や、既婚者だと知りながら好きになってしまった場合、その恋愛が成就する可能性は高いとは言えません。ですが、相手が離婚すると言い出したらどうでしょう。

りさ
こうなれば、あなたにもチャンスがある!そう思えますよね。

ですが、相手の男性が離婚すると言い出した時には、考えなければならないことがあります。今回は既婚者との恋愛において、相手が離婚を口にするようになったら考えるべき5つのことについてお話しします。

好きな人が既婚者だと分かったらまずするべきこと

なんとなくいい関係になり、相手に対して恋愛感情を抱き始めた頃に、相手が既婚者だったことが判明したらあなたはまずどうしますか?

「なぜ初めに言ってくれなかったの!」

きっとそう思うのではないでしょうか。と言うのも、非常に多くの場合において既婚者との恋愛は「既婚であることが分からないうちにはじまっている」のです。彼女がいるのかな、結婚してるのかな、と気にはなりつつも直接聞く勇気がなく、ずるずると引っ張っているうちに気持ちが大きくなってしまうことはよくあること。もはや、今更好きな人が実は既婚者だったと分かったところで「じゃあやめておこう」と気持ちを切り替えることは不可能です。

あなたの好きな人が実は結婚している既婚者だと分かったら、まずあなた自身がどうなりたいかを考えましょう。

  • 不倫はしたくないので身を引く
  • どうしても彼と一緒になりたい
  • 不倫でいいので関係を続けたい

おそらくこの3つのうちのどれかにあてはまるのではないでしょうか。好きな人が既婚者である場合は、ゴールをどこに見据えるのかを明確にすることが大切です。

既婚者を略奪したいと考える場合に知っておくべきこと

不倫の関係では到底満足できず、だからと言って諦めることもできない、となればあなたの目指すところは彼と一緒になることでしょう。ここを目指す場合には、あらかじめ知っておかなければならないことがあります。

それは、「既婚者は簡単に離婚しない」ということ。

りさ
これは本当です。

なぜ既婚者は簡単に離婚しないのか、それにはたくさんの理由があります。世間体を気にするというのも大きな理由でしょう。離婚して別の相手と交際し始めたとなれば、彼は職場でも立場が悪くなってしまいかねません。

周りの信用や、周りからの見られ方も変わってしまうでしょう。離婚することが社会的地位に与える影響は想像以上に大きく、それもあってなかなか離婚するという決断に至らない男性が非常に多いのです。

あなたの好きな人(既婚者)が離婚すると言い出したら

ですが、一方で既婚の男性は不倫相手に対して「嫁とはどのみち離婚するから」などと離婚をほのめかすことが割とよくあります。「離婚するから」という言葉ひとつで、あなたの心に希望の光が見えるでしょう。「え、そしたら私たち一緒になれるかもしれないってこと!?」と彼との未来を想像し幸せな気持ちになるかもしれません。

ですが、ここで一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。今こそ冷静になってこれからお話しする5つのことをじっくり考えていただきたいのです。

その① そもそも離婚するって本心?

離婚する離婚すると口に出す男ほど、その言葉に重みがないように感じませんか?「離婚する」といいながら、その時期がいつなのかを口にしない男性は、ほとんどの場合離婚する気がありません。

ですが、あなたのことも大切なのです。

あなたを失いたくないがために、希望を持たせてつなぎとめておくための魔法の言葉が「嫁とは離婚するよ」であって、これが本心である保証はどこにもありません。

離婚するなんて言われたら、「そんなに私のこと愛してくれているのね!」と嬉しくなってしまう気持ちは分かりますが、ここは冷静に考えなければならないポイントです。

その② (子供がいる場合)この人にとって家族って何?

あなたの好きな人に子供がいる場合は、さらに離婚の重みが増します。結婚して離婚することも大きな決断ですが、子供がいながら離婚という選択肢を選ぶことは全く別のレベルです。そもそも、子供が大きくなったときに両親が離婚していることをどう思うのか、彼はそこまで考えているのでしょうか。

あなたは彼のことが好きなわけですから、彼があなたの元に来てくれることはとても嬉しいことなのは分かります。ただ、子供がいて奥さんがいるのにかかわらず、簡単に離婚するという男性ってどうなのでしょう。

りさ
家族のことをどう考えているのかが疑問ですよね。

その③ いつ離婚するの?そのうちっていつ?

あなたの好きな既婚者の彼が、「離婚するよ」と言う場合、それが本気であるとしたら彼も具体的にいつ頃離婚をするのかを考えているはずです。ここであなたに対して「そのうち離婚する」としか言わない彼なら、「そのうちっていつなの?」と聞いてください。ここで怖がっても何にもなりません。

「そのうちって、そのうちだよ」などと曖昧な回答をするようであれば、あなたの彼は離婚に対して具体的に考えている可能性は低いと思っていいでしょう。

仮に「タイミングを見計らっている」とすれば、一体何のタイミングを見計らうのでしょう。いつ切り出しても離婚は難しいことですし、彼の奥さんが彼をまっすぐに愛しているとしたら、彼が離婚を切り出すことで奥さんが相当な精神的ダメージを受けることも目に見えています。

だからこそ、そのうち離婚すると言う彼には気を付けた方が良いでしょう。もしかすると本当は離婚することをほぼ考えておらず、とりあえず口にしているだけの可能性もあるからです。

その④ 既婚者を略奪した私はどう見られる?

現実的に考えて、もし本気で彼が離婚してあなたと付き合い、そしてその後結婚するとして周りはどう思うでしょう。特にあなたの両親は彼がバツイチであることをよく思わない可能性が高いと思いませんか?

結婚は二人だけのことではありません。家族と家族がつながることなのです。そこには両親の理解が必要ですし、それがなければあなたはこの先長い間苦しむことになりかねません。

既婚者と不倫関係にあったことを知る知人や友人も、裏ではあなたのことを「略奪とかすごいよね」と陰でひそひそ噂話をしているかもしれません。

既婚者を奪ったという肩書は長い間ついて回ることを覚悟しなければなりません。

その⑤ 私もいつか捨てられるのでは?

不倫の末に略奪婚までこぎつけた女性の多くは、常にどこかに不安な気持ちを持ち続けていることが多いのも特徴です。なぜなら、既婚者であった彼を自分が振り向かせ離婚させてまで自分の元に来させた実績があるからです。

結婚しても他の女性に心を奪われて離婚してしまった彼だからこそ、「もしまた同じようなことがあったら」と不安になってしまうのは自然なことかもしれません。既婚者との恋愛は成就してからもなお、信頼関係を築き上げる上で何かと障害を生みやすくなってしまいます。

まとめ

ちょっぴり辛口な内容となってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。好きな人が既婚者である場合には、彼と一緒になる上で離婚というプロセスは避けて通れません。男性は離婚を口にしながらもなかなか実行に移さず、それによりもやもやしてしまう女性はたくさんいます。

まずは、あなた自身がどうしたいのかをしっかりと考え、その上で彼の行動や言動を見ていきましょう。不倫関係は不倫止まりで終わってしまうことが多いのは事実ですが、中には既婚者であった男性が離婚して別の女性と結婚するというケースも現実に起こっています。

あなたの求める幸せが何なのかを冷静に見極め、そこに向かっていけるよう、慎重に行動しましょう!

The following two tabs change content below.

りさ / 婚活マニア

幾多の婚活にチャレンジして、結局は合コンで知り合った男性と結婚した「元」婚活女子です。結婚相談所、婚活パーティーでの婚活経験豊富で婚活中にメイク術も向上しました。