30代女性必見!イライラが止まらないのはプレ更年期の症状?

恋愛【まとめ】

皆さんは、「最近何かにつけてイライラしてしまい、そんな自分が嫌になる」と感じることはありませんか?実はこれ、30代女性に多く見られる症状のひとつです。些細なことで過剰にイライラして自己嫌悪になってしまうのは、もしかするとプレ更年期の症状かもしれません。

今回はイライラに悩む30代女性に向けて、そのイライラとの付き合い方や、プレ更年期とは何かについてお話ししたいと思います。

イライラするのはどんなときか考えてみよう

皆さんが日常的に感じる「イライラ」は、一体どこからきているのでしょうか。もちろん仕事や人間関係においてストレスを感じることは多いです。イライラする原因がはっきり分かっている場合はその問題と向き合い、問題を解決する必要があります。

ですが、そのイライラの原因を考えてもそれらが大したことではないと思える些細なものしか思い当たらなければ、それは30代女性にみられるプレ更年期の症状である可能性もあるでしょう。

プレ更年期とは何か

更年期というと、皆さんはもしかすると50代の女性にしか関係がないと認識しているかもしれません。ですが、実際には更年期は40代半ばから50代半ばまでの約10年間の間を指します。これに対してプレ更年期はその前の10年間にあたり、具体的な年齢としては35歳頃から45歳頃までを指します。

更年期は閉経の前後5年間と定義されていますが、プレ更年期はまだまだ閉経までに時間が残されています。

それでは、プレ更年期の年齢に入ると具体的にどのような変化が起こるのでしょうか。

30代女性に起こる体の変化

30代女性にみられるプレ更年期ですが、これには女性ホルモンの減少が大きく関わっています。分かりやすく簡単に説明しておきましょう。

まず、女性にはもともと持っている卵胞の数があり、これが毎月の排卵で減少していきます。この減少スピードが30代後半になると早くなります。つまり、30代後半からは卵胞の数がどんどん減少していき最終的に50歳頃になると消滅し閉経を迎えるという仕組みです。

そして、卵胞が減少する時期こそがプレ更年期と言われる時期にあたり、この時期になると卵胞の減少による女性ホルモンが減少しはじめ、それによって自律神経が乱れやすくなってしまいます。自律神経が乱れることで精神状態が不安定になったり、これまでは気にならなかったようなことで過度にイライラしたりするようになることがあります。

これが30代女性特有のプレ更年期によるイライラの症状です。

イライラ以外のプレ更年期の症状とは

プレ更年期には、イライラ以外にもさまざまな症状があります。いくつかの代表的なものをあげてみましょう。

  • 体のほてり
  • 頭痛
  • 汗をかきやすくなる
  • 目の乾き

このような症状にあてはまれば、それもプレ更年期の症状であると考えられます。イライラに悩む30代女性の皆さんも、もしそれ以外に上記の症状がみられるようであれば早めに婦人科を受診しましょう。

プレ更年期になるとなぜイライラするのか

日々イライラしながら生活するのは気持ちの良いものではありません。気分良く毎日を過ごしたいのに、ちょっとしたことでイライラしてしまうと人間関係にも影響してしまい兼ねません。プレ更年期によるイライラはなぜ起こるのでしょうか。ここでは、プレ更年期により30代女性がイライラの症状に悩まされてしまう理由を解説したいと思います。

プレ更年期にさしかかると、卵胞から分泌されているエストロゲンが減少します。エストロゲンが減少することによりセロトニンも減少してしまいます。セロトニンとは神経伝達物質のひとつで、別名「幸せホルモン」とも呼ばれているもの。これが十分にあると心が落ち着き穏やかな気持ちになることができますし、逆に不足すると感情をコントロールしづらくなってイライラしがちになります。

これこそがプレ更年期のイライラの原因です。

プレ更年期のイライラ症状はまったく珍しいことではありません。30代女性の中には、この症状で悩む人がたくさんいます。女性ホルモンの減少による自然な症状だと思えば、少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

とは言え、イライラの毎日が苦痛であることには変わりありません。プレ更年期のイライラを少しでも軽減する方法はあるのでしょうか。

次の項目で詳しく紹介していきましょう。

イライラの症状をおさえたい30代女性がやるべき3つのこと

30代女性の感じるイライラがプレ更年期の症状だと考えると、「じゃ、我慢するしかないのか」と思う人もいるかもしれません。ですがそうではありません。女性ホルモンの減少により起こるプレ更年期の症状を緩和するには、血液の循環を良くするのが効果的。

血液の流れが良くなれば、卵巣も元気を取り戻します。卵巣が元気になれば、女性ホルモンはより分泌されるようになるという仕組みです。

ここでは効果的な3つの対策を紹介しておきますね。

食事に気を付ける

プレ更年期のイライラのみならず、食事はとても大切です。健康的な食生活は心身の健康状態を高めてくれます。イライラの原因は自律神経の乱れ。これを改善するには、下記のポイントに気を付けて献立を考えるのが良いでしょう。

エストロゲン

女性らしい体を作るのに欠かせないと言われるエストロゲンはお肌にもいい優秀な栄養素です。特に、大豆からつくられているもの「納豆」「豆腐」「豆乳」はエストロゲンの分泌に高い効果が見られるためおすすめです。

タンパク質

タンパク質は「鶏肉」「魚介類」を中心に摂取すると良いでしょう。タンパク質にはコラーゲンも含まれているため、これらを摂取することでお肌や髪の毛の調子も良くなります。

体にいい油

良品質な油をきちんと摂取することも大切です。特にオメガ3は血液の循環を良くしてくれるだけでなく、動脈硬化の予防にも効果があります。食事だけで摂取するのが難しければ、サプリを利用するのも効果的です。他にも「オリーブオイル」「えごま油」「アマニ油」などが体にいい油として知られています。

適度な運動をする

イライラに有効な対策のひとつに「運動」があります。運動をすることで先ほど紹介した幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌されるため、気分が落ち着きリフレッシュできる効果が期待できます。日ごろまったく運動をしない人は特に試してみる価値アリ!これなら自分にもできるかも、と思うものから始めてみましょう。運動することで睡眠の質も上がります。

十分な睡眠をとる

睡眠はとても大事です。きちんと質の良い睡眠をとることにより女性ホルモンのレベルが上がります。睡眠の質を上げるためには幸せホルモンセロトニンを日中にたくさん作っておくようにすると良いでしょう。セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの原料となるため、セロトニンが増えれば必然的にメラトニンが増えて睡眠の質が上がります。すべては繋がっているということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。イライラに悩む30代女性の皆さんの参考になれば幸いです。イライラは単なる心の状態ではなく、プレ更年期の症状である可能性も高いです。日々の生活の中で、少しでもイライラの症状を軽くしたいと思うなら、それができる方法はもちろんありますが、焦らずにゆっくりと構えることも大切です。

年齢を重ねると必ず訪れる通過点だと思ってうまく付き合っていきたいものですね。

The following two tabs change content below.

りさ / 婚活マニア

幾多の婚活にチャレンジして、結局は合コンで知り合った男性と結婚した「元」婚活女子です。結婚相談所、婚活パーティーでの婚活経験豊富で婚活中にメイク術も向上しました。