30代女性必見!彼氏との連絡頻度で悩まない

恋愛【まとめ】
The following two tabs change content below.

りさ / 婚活マニア

幾多の婚活にチャレンジして、結局は合コンで知り合った男性と結婚した「元」婚活女子です。結婚相談所、婚活パーティーでの婚活経験豊富で婚活中にメイク術も向上しました。

恋愛中の皆さんは、彼とどのくらいの頻度で連絡を取っていますか?多くの女性はこれまでに、「彼から連絡がない」と不安になったり、「前はもっと連絡してくれたのに」と不満に感じたりしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、そんな悩める30代女性に向けて「彼氏との連絡頻度」についてお話していきたいと思います。

連絡頻度は人それぞれであるということを理解しよう

まず、知っておかなければならないことがあります。これを読んでいるほとんどの女性がきっと「彼氏との連絡頻度」について何かしらの悩みを抱えていることと思います。ですが、先に言います。連絡の頻度を他のカップルと比べるのはナンセンスです。

というのも、こればかりは本当に人によるからです。男性によっては、とてもマメに連絡をよこしてくれるタイプもいるでしょうし、メッセージをなかなか既読にもせず放置する人もいるでしょう。まさに人それぞれであって、そこで愛情を測ろうとしてもそれは無駄な話です。

付き合ったばかりの頃に比べて連絡が減って不安な人へ

男性というのは、誰しもが少なからず狩猟本能を持っています。つまり、獲物をゲットするためには努力を惜しまない生き物なのです。もしかすると、あなたの彼も付き合う前や付き合ったばかりのころは毎日何回も電話をしてきたり、メッセージをくれたりしたかもしれません。それは、あなたを自分のものにしたかったからです。その目標を達成するために、多少無理をしていた可能性もあります。

そして、あなたと晴れて彼氏彼女になった後、多少気が緩みあなたへの連絡頻度が毎日から2日に1度になったり、メッセージの返信が遅れたりしてもそれは気にするほどのことではありません。

りさ
むしろ自然なことです。
これによって、あなたが「私のことをあんまり考えてくれていないのかも」なんて悲観的になる必要は全くありません。

30代の男性は忙しい!

男の30代は結構多忙です。仕事でもある程度責任のあるポジションについていることも多いでしょう。部下の面倒も見つつ、仕事もしっかりやりつつ、そしてあなたの彼氏という役割も果たしているということです。男性はあまり一度に複数のことを考えられない、いわゆる「シングルタスク」なところがありますから、何かで忙しいとついつい彼女への連絡がおろそかになりがちです。

女性であるあなたの方はというと、女性が「マルチタスク」な生き物であるというのもあり、何をしていても彼のことが頭から離れないですよね。ですが、男性にはこれがあまり理解できません。どちらかというと、何かに追われているとあなたのことはすっかり忘れてしまうことさえあるくらいなのです。

彼の忙しさを分かってあげることが大切です。彼には彼の生活がありますし、あなたのことばかり考えていても出世はできません。彼の将来を応援するためにも、あなたがここで「連絡頻度」についてとやかくいうのはこらえてあげましょう。

もっと彼からの連絡が欲しい!と切実に願う人へ

彼との連絡が少ないことにより、彼と繋がっていると感じられずに不安に思う場合にはどう解決すれば良いのでしょうか。確かに、ある程度我慢も必要ですし彼の多忙な毎日も分かってあげることが大切です。ですが、連絡頻度のことでどうしてもあなたが納得できず、不安で辛い日々を送るくらいなら、その気持ちを彼に伝えてみるのもひとつです。

男性は本当に鈍感ですから、言わなければ気付かないことがたくさんあります。あなたが彼からの連絡頻度で悩み、不安な気持ちでいることを知ると、歩み寄ってくれる可能性は十分にあります。だからこそ、話してみる価値があるということです。

りさ
ですが、このときに彼を責めてしまうと良くありません。上手く伝えましょう。
伝えるときには、「なんでこうしてくれないの?」という言い方ではなく、「こうしてくれたらうれしいな」という言い方を心がけてください。

これだけで伝わり方が全く違います。彼だってあなたにはハッピーでいて欲しいのですから、あなたを喜ばせるための少しばかりの努力ならきっとしてくれるでしょう。

遠距離恋愛における連絡頻度について

ここで、遠距離恋愛の話をしておきたいと思います。どうしてあえてここでわざわざ遠距離恋愛の話をするかというと、遠距離の場合は連絡頻度が普通の恋愛よりも何倍も大切になってくるからです。遠距離の度合いにもよりますが、月に一度しか会えないカップルが週に一度しか連絡を取らないとなると、これはやはり寂しいと思う人が多いでしょう。

遠距離恋愛の場合は、彼とあなたで目線を合わせておくことをおすすめします。

彼の方がどのくらいの連絡頻度を求めているのか、そしてあなたの方はどうなのかという点において話してみてください。これが大きくずれていると、なかなか上手くいきにくいものです。ただ、その場合もこうして話をすることによって、ちゃんと目線を合わせることができますし、お互いに歩み寄ることができるようになります。

連絡頻度で愛情を測らない方が良い理由

確かに、彼から連絡がたくさんあればあるほど、あなたとしては彼にしっかり想ってもらっているという実感がもてるでしょう。ですが、最初にお伝えした通り連絡頻度に関しては個人差もあり、これによって愛情を測ることはできないのです。

ここで最後に、彼との連絡頻度で愛情を測らない方が良い理由について2つお話しておきましょう。

理由① 連絡頻度が少ないのは彼があなたを信頼しているから

付き合った当初に比べて連絡が減ったとしても、それはあなたとの関係に彼が満足していて、あなたのことを信頼しているからなのです。つまり、関係が安定してきて次のステップに進んだから頻繁に連絡して様子を伺う必要がなくなったということ。

これに対してあなたがむやみやたらに騒ぐと、彼の方は全く理解ができず混乱してしまい兼ねません。

理由② お願いして連絡頻度を増やしてもらっても結局不安は尽きないから

例えば、「もう少し連絡してよ」と彼に頼み、その結果彼が毎日「おはよう」「おやすみ」のメッセージを送ってくるようになったとします。あなたはこのことに対してどう感じますか?初めは嬉しいかもしれません。ですが次第に「私が頼んだからメッセージしてくれてるんだろうな」という気持ちが湧いてくるでしょう。

結局、連絡をしてくれと頼んで連絡をしてもらったところで、あなたの不安はぬぐえるとは限らないということです。だからこそ、連絡頻度に依存するのではなく他の面で彼の愛情を感じるように、あなたの目線を変えてみることが大切なのです。

りさ
でなければ、不安はどこまでも追いかけてきます。

まとめ

連絡頻度で悩む女性は本当に多いです。気持ちはとてもよく分かります。ですが、少し客観的に考えてみてください。彼に愛されているか、大事にされているかは連絡頻度で判断することでしょうか。彼には彼の毎日があり、あなたのことばかりにかまっているわけにはいきません。

理解のある女性というのは、男性から非常に好かれます。安定していて、精神的に大人でどっしりと構えているあなたの姿を見せることができれば、彼から今まで以上に愛されるようになります。連絡頻度にフォーカスすると、自分の心が疲れてしまいます。もっとあなた自身も自分の生活に目を向けて、彼からの連絡ばかりを待つ時間を少しでも減らせるといいですね。