いい女はデートの別れ際に「そっけない態度」をとる

デート【まとめ】
The following two tabs change content below.

さやか / 恋愛経験豊富女子

彼氏とどうやって付き合って行けばいいのかわからなくなった経験がある、恋愛体質女子。彼氏一筋になってしまうことが多く、彼氏に「ウザい」と思われた経験あり。失恋経験豊富。

デートはその最中も大切ですが、別れ際が最も肝心と言われています!

せっかくデートが楽しくても別れ際が残念だと台無し。

彼氏に「早くまた会いたい!」と思わせる行動を取れるように、今から研究しておきましょう。

デートは別れ際が肝心!【ピークエンドの法則】

1999年に心理学者のダニエル・カーネマンが発表した「ピークエンドの法則」はご存知ですか?

人が感じる喜びや苦しみはピーク時と最後のときの感情によって決定される

というものです。

つまり、途中で少し良くないことがあっても、デート時に一ついいことがあって、さらに最後にとてもいい思い出があれば、その経験は「良かった」ものとして記憶されるということ。

人の脳は記憶をする機能も基本的には節約されています。

すべてを記憶するわけではなく、その経験の一部のみが記憶されればいいというはたらきがあるのです。

その中でも、一番感情が動いた部分を記憶しようとするので、デート中の楽しい出来事、別れ際の印象的な出来事を作り出すのはとっても重要。

このピークエンドの法則を、デートの別れ際にも活用するようにしましょう。

【ピークエンドの法則】を活用する方法

感謝の気持ちを伝える

まずは基本的なことですが感謝の気持ちを伝えること。

「今日はありがとう」とシンプルに伝えるのもいいですが、もっと具体的な部分で感謝の気持ちを伝えるとより効果的です。

  • 車の運転
  • デートコースを決めてくれたこと
  • 食事代を払ってもらったこと
  • 駅まで送ってくれたこと

などなど、そのことに本当に感謝していると伝えることで、彼も「やって良かった。またしてあげよう」と思ってくれますよ。

感謝の気持ちを伝えずに別れてしまうと、「こんなにしてあげたのに」という感情が湧きてきてしまって次のデートにつながらなかったり、デートの内容が手抜きになっていったりしてしまいます。

初めて寂しそうな表情を見せる

デートの最中は思いっきり楽しんで、別れ際に初めて寂しそうな表情を見せるようにしましょう。

人はいつでも新鮮なものには興味をそそられるもの。

ずっと笑顔だったあなたの表情が、別れ際になって初めてくもることでドキっとしてしまうこと間違いなしです。

「もうこんな時間か…」とちょっとがっかりしたような表情を見せれば、彼も「帰したくない!」と思ってくれるかもしれません。

しかし別れるのが寂しいあまりに泣いたり彼を強引に引き止めてしまうとちょっと迷惑だったりうっとうしいと思われてしまう可能性があります。

あくまでもちょっとした演出のつもりで計算することも必要ですよ!

スキンシップで名残惜しさを

別れ際にはスキンシップを取るようにしましょう。

デートでは手を繋がなかったとしても、駅までの帰り道にちょっと手をつないでみる、「帰りたくないな」と手を握ってみるなど、言葉だけでなく感触で彼の記憶に残るようにしましょう。

このとき、事前にハンドクリームなどで手をしっかり保湿しておくのを忘れずに。

ふわふわの女性らしい手で触れられれば、彼もドキドキしてしまうこと間違いなしです。

いい香りのものを選べば、別れたあとも彼の嗅覚に印象を残すことができるでしょう。

とくに嗅覚は記憶に直接結びつくと言われています。

さやか
デートの別れ際にはスキンシップで嗅覚、触覚の両方に刺激を与えて、彼に名残惜しさを感じさせてみてくださいね。

そっけない態度で別れて、その後すぐ連絡

プライドの高い彼をモノにしたいとお考えなら、そっけなく別れてしまうのもおすすめ。

駅についたら「じゃあね」と手を振って振り返らず改札に入ってしまいましょう。

最後まで振り返ってはいけません。

ですがその後、「今日はありがとう。またデートしようね」と連絡を入れてください。

あっさり別れたということは「つまらなかったのかな?」と彼を一瞬不安にさせて、その後、楽しかったことを伝えるという時間差の攻撃で、彼の心をキャッチしましょう!

「何を考えているのかわからない、ちょっとミステリアスな雰囲気の彼女のことをもっと知りたい!」と思ってくれるはず。

とくに「プライドが高い」「女性をすぐに落とせる」と思っているような男性に効果的な別れ際の演出です。

何度も振り向く「手を振る」

反対に何度も振り向いて手を振る、という行動もデートの別れ際には効果的です。

「ちょっと恋愛に対して奥手な彼」「可愛い女性が好きな彼」にはこちらの方がおすすめかもしれません。

彼のことが名残惜しい、デートが楽しかったという気持ちを、何度も振り向くことでしっかり相手に伝えることができます。

振り返るときは満面の笑顔で!

このとき、手を振ることで効果は倍増します。

彼も思わず笑顔になってしまうような可愛い表情を練習してみてくださいね。

さらにだめ押しで別れたあとにメールを入れておくといいかもしれません。

恋愛に自信がない、デートを楽しんでもらえたか不安に思っている彼を安心させてあげることで、「この子と自分はお似合いかもしれない!」と思わせることができます。

次のデートにもつながりやすくなりますよ。

遠回りをして帰ってみる

帰り道をあえて遠回りしてみるのも、デートの別れ際にはおすすめです。

彼が「こっちの方が近いよ」と言っても、「ちょっとだけ遠回りしよ!」と言ってみたり、ストレートに「もうちょっと一緒にいたいからこっちがいい」と甘えてみるのも効果的。

「自分ともっと一緒にいたいと思ってくれているんだ!」と彼も喜んでくれることでしょう。

さやか
あまりダラダラと遠回りを続けてしまうと彼も「いつまで?」と思ってしまいますし、お互いの電車の都合などもありますので、本当に少しだけ、ちょっと物足りないと感じるくらいの距離を遠まわりするのがおすすめです。

次のデートを連想させる

別れ際に「また会おうね」と約束するだけでなく、具体的に次のデートを連想させるのもおすすめです。

例えば

  • 「次は明るいうちからデートしたいな」
  • 「次はあなたのおすすめのカフェに行ってみたい」
  • 「期間限定の展示を一緒に見に行きたい」

など、次のデートの提案をしておくだけで男性側もぐっと誘いやすくなります。

また、この子とデートしたらこんな風だろうなという想像もしやすくなり、次に会うのがもっと楽しみになることでしょう。

これは別れてからメールで言うよりは、別れ際、帰り道に伝えておくのが効果的です。

彼が乗り気なら、別れたあとにもう一度連絡して空いている日にちを調整しましょう。

さやか
デートのあとすぐに次のデートの予定を入れることで、今日のデートが楽しかったということを間接的に伝えることができますよ。

もっと一緒にいたかったことを伝える

彼との別れ際には、もっと一緒にいたかったということを伝えましょう。

  • 「時間があっと言う間だった」
  • 「仕事帰りの時間が足りないね」
  • 「明日が休みだったら良かったのに」

など、一緒に過ごした時間がとても楽しかったことを伝えるのが大切です。

デートの時間を名残惜しそうにしている彼女を見たら、彼もそんな彼女を愛おしいと感じるはず。

同時に「もっと楽しませてあげたい!」とも思ってくれるので、早く次のデートに誘いたい気持ちになることでしょう。

「今度はもっと一緒にいたいな」と甘えてみてはいかがでしょうか?

別れ際が肝心!彼の心をつかもう

デートの別れ際にいい女がするべき行動をご紹介しました。

「終わりよければすべて良し」という言葉があるように、別れ際を美しく演出することもデートの大切な要素の一つです。

彼との関係を長く続けたい、片思い中の彼を落としたいという女性は、デートの最後まで気を抜かず「また会いたい」と思わせるように工夫していきましょう!